LINEからもご予約&お問い合わせが出来ます。

腰痛の時はどんな姿勢で寝るのが良いのか?

腰痛の時にどんな姿勢で寝ればよいかという質問を良くされます。

腰痛の時はどんな姿勢で寝るのが良いのか?

寝ている時や、朝起きた時に腰が痛い人は、背骨が固くなっています。

腰痛の人は背骨が固い

腰痛の人は、背骨が固くなっているので、寝ている時に腰に負担がかかります。

背骨が子供のように柔軟であれば、寝ている時に腰が痛くなることはありません。

寝方ではなく背骨が固いことが腰痛の原因

寝ている時や朝起きた時に腰が痛くなる原因は、寝方ではなく、背骨が固いことに原因があります。

ですから、腰痛の時の寝方は、楽な姿勢で寝るのが一番良いです。

まずは楽な姿勢で寝ること

腰痛の時には、背骨が固くなっているので、無理に仰向けで寝たりするのではなく、楽な姿勢で寝ることが大切です。

もちろん、仰向けが楽であれば、仰向けで寝ることが一番です。

背骨を柔軟にすること

寝ている時や朝起きた時の腰痛は、寝方で良くするのではなく、背骨を柔軟にすることで良くしましょう。

背骨を柔軟にするには、内ももの筋肉を柔らかくする必要があります。

股割りや開脚などを習慣的に行い、その上で背骨を伸ばしたり、ひねったりする運動をするとよいです。

この記事は以上になります。

この記事を書いた人

いまい整体院院長の今井優です。
千葉市緑区おゆみ野で整体院をしています。。
腰痛・ギックリ腰・膝痛・五十肩にお悩みの方はご相談ください。

いまい整体院 院長をフォローする
腰痛・膝痛・五十肩にお悩みの方はいまい整体院へ
ご予約はこちら
お電話・メール・LINEからご予約&お問い合わせが出来ます。
腰痛・ギックリ腰
千葉市おゆみ野の整体で腰痛・ギックリ腰ならいまい整体院(鎌取駅から徒歩2分)
タイトルとURLをコピーしました