精神的ストレスが肩こりの原因になる理由

精神的ストレスは肩こりに大きく影響します。

精神的ストレスが肩こりの原因になる理由

精神的なストレスがかかると首の筋肉が緊張する

精神的なストレスがかかると、首の後ろにある後頭下筋群と呼ばれる筋肉が緊張します。

この筋肉が緊張すると、肩の筋肉にも緊張が伝わり、肩こりになります。

また、後頭下筋群の緊張は、頭痛の原因にもなります。

首こり肩こりが原因の頭痛に対する整体は?

精神的なストレスがあると脳神経が緊張する

肩こりの筋肉で有名なのは、僧帽筋と呼ばれる肩の筋肉です。

この僧帽筋を支配している神経は、脳神経(脳から直接出る神経)の副神経と呼ばれる神経です。

精神的なストレスがかかると、脳に負担がかかり、脳神経にも緊張が伝わります。

その結果、僧帽筋が緊張します。

後頭下筋群や副神経を緩めると肩こりが楽になる

精神的なストレスが原因の肩こりの方は、後頭下筋群や副神経を緩めると、肩こりが楽になります。

副神経を自分で緩めるのは難しいですが、後頭下筋群は椅子の背もたれの上に頭と首の境目を当てて、頭をゴロゴロすると緩みます。

「背もたれに頭をのせてゴロゴロ」

後頭下筋群の緩め方

タイトルとURLをコピーしました