LINEからもご予約&お問い合わせが出来ます。

歩いたり走ったりしている時の腰痛

腰痛には歩いたり走ったりしている時に痛むものがあります。

歩いたり走ったりしている時の腰痛

歩いたり走ったりしている時の腰痛は、骨盤や腰の骨の動きの悪さに原因があります。

歩いたり走ったりしている時の腰痛の原因

歩いたり走ったりしている時は、腰が伸びます。

腰を丸めたままでは、歩いたり走ったりすることはできません。

もしも腰を丸めたまま歩くとすれば、杖や押し車が必要です。

歩いたり走ったりする時の腰痛の原因は、腰が伸びなくなっていることが原因です。

腰が伸びるには、骨盤の仙腸関節という関節と、腰の骨がうまく動く必要があります。

このどこかに動きの悪さがあると、歩いたり走ったりしている内に、腰が痛くなってきます。

座っていると楽になる

歩いたり走ったりしている時の腰痛は、腰を丸めて座っていると、楽になるという特徴があります。

座っている時は、腰を伸ばす必要がないからです。

スポーツ障害や脊柱管狭窄症

歩いたり走ったりしている時の腰痛は、スポーツ障害や脊柱管狭窄症でよくみられます。

解決方法としましては、骨盤の仙腸関節の動きと腰の骨の動きを良くすることです。

この記事は以上になります。

この記事を書いた人
いまい整体院 院長

いまい整体院院長の今井優です。
千葉市緑区おゆみ野で整体院をしています。。
腰痛・ギックリ腰・膝痛・五十肩にお悩みの方はご相談ください。

いまい整体院 院長をフォローする
腰痛・膝痛・五十肩にお悩みの方はいまい整体院へ
ご予約はこちら
お電話・メール・LINEからご予約&お問い合わせが出来ます。
腰痛・ギックリ腰
千葉市緑区おゆみ野の整体ならいまい整体院(鎌取駅から徒歩3分)
タイトルとURLをコピーしました