椎間板ヘルニアの手術後でも残る痛みしびれの原因とは?

椎間板ヘルニアの手術後でも痛みやしびれが残る方がいらっしゃいます。

椎間板ヘルニアの手術後でも残る痛みしびれの原因とは?

椎間板ヘルニアの手術は成功したけれども、痛みやしびれが残ったり、一時は大丈夫になったけれど痛みやしびれがぶり返す方がいらっしゃいます。

椎間板ヘルニアの腰下肢の痛みしびれの原因は2つある

腰下肢の痛みしびれの原因は2つあります。

一つは、神経根症状と呼ばれる椎間板ヘルニアが原因の症状

二つ目は、筋肉のコリや関節のズレにより坐骨神経が引っ張られて起こる症状

この二つの中で、神経根症状は椎間板ヘルニアの手術で解決が出来ます。

ですが、筋肉のコリや関節のズレが原因であった場合は、手術後も痛みしびれが残ったり、ぶり返したりします。

手術後も残る腰下肢の痛みしびれは筋肉のコリや関節のズレが原因

椎間板ヘルニアの手術が成功し、神経根への圧迫がしっかりとれているのに、痛みしびれが残っている場合には、筋肉のコリや関節のズレが原因の可能性があります。

その場合には整体で解決が出来ます。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました