LINEからもご予約&お問い合わせが出来ます。

悟りの世界なんてどうでしょう?

お釈迦様が説いた悟りの世界。

現代では、ノンデュアリティやアドヴァイタ、非二元などと言われています。

悟りというと、宗教っぽかったり、怪しかったりしますが、それは、科学が発達していなかった昔の知識で解釈していたからです。

現代では、科学や物理学、心理学や哲学が、悟りの世界を明らかにしてきています。

逆に言えば、現代の知識が、やっと人間の直感に追い付いてきたということです。

では、悟りの世界では何を明らかにしているのかというと、世界の本当の在り方についてです。

本当の在り方ということは、普段私たちが認識している世界は、本当の在り方ではないということです。

私たちが普段認識しているのは、あくまで個人的に解釈した世界です。

ですから、同じものを見ても、感想が違ったり、同じものを食べても美味しいかったり、不味かったりします。

では、世界は本当はどんな在り方をしているのかと言うと、何の意味も価値もない世界です。

ですから、世界で起こっているどんなことにも、本来は意味も価値もありません。

いわゆる悟りを開いた人は、こういった世界の真実に気が付いた人です。

では、悟りの世界の何が良いかと言うと、とにかく心が楽になるということです。

なぜ楽になるのかというと、世界で起こっていることには意味も価値もないので、責任であったり、比較であったり、罪悪感といったものが無くなるからです。

これが、お釈迦様が言った、苦悩がなくなるという意味です。

最近では、瞑想やマインドフルネスと言った言葉が一般化してきましたが、これも本来は悟りへの道ですね。

タイトルとURLをコピーしました