心理カウンセリングと相談の違い

心理カウンセリングと相談は同じような感じがしますが、大きな違いがあります。

心理カウンセリングと相談の違い

その違いというのは、

心理カウンセリング⇒自分の意見を聞く

相談⇒他人の意見を聞く

という点です。

心理カウンセリングは自分の意見を聞くこと

相談というのは、他人の意見を聞くことです。

自分の悩みに対して、他人がどう思うのか?どう考えるのか?を聞くことです。

ですが、心理カウンセリングは、他人の意見ではなく、自分の意見を聞きます。

自分はどう考えているのか?どんなことを大切にしているのか?どんな感情を持っているのか?ということに、耳を傾けます。

自分のことを知るのは難しい!?

他人のことはよくわかるが、自分のことはよくわからないと言われます。

なぜかと言えば、客観的に観察が出来ないからです。

客観的になれないのは、損得勘定が働いたり、感情が邪魔をするからです。

心理カウンセリングは自分を客観的に観察する場所

心理カウンセリングというのは、自分を客観的に観察するための場所です。

日常の中には、自分を客観的に観察する場所がありません。

心理カウンセリングでは、カウンセラーが鏡のような役割をして、あなた自身が自分のことを客観的に見られるようにします。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました