幸せの勘違い

人は例外なく幸せを求めています。

ですが、これだけ情報が沢山ある現代において、本当の意味で幸せになった人というのは極少数です。

なぜかと言えば、一般的に言われている幸せと、本当の意味での幸せが違うからです。

一般的に言われている幸せは、努力の末に未来に獲得する幸せです。

今幸せになるのではなくて、あくまで幸せは未来にあるという考え方です。

一方で、本当の意味での幸せは、今にある幸せです。

今に幸せがあるので、何の努力も必要がない幸せです。

幸せになりたいのになれない人は、努力の末に未来に獲得する幸せを求めています。

この幸せを求めている限りは、多大な努力が必要ですし、いつまで経っても今幸せを感じることが出来ません。

これは、人が抱えている大きな思い込みの一つです。

本当は、何の努力もせずに、今幸せはあります。

ですが、人は幸せを、努力をして未来に獲得するものだと思っているので、今にある幸せを見逃し続けます。

ですから、未来に幸せを獲得しようという心の動きが止まった時に、今にある幸せに気が付き、本当の意味での幸せを感じることが出来ます。

※人生の苦しみの原因になっている思い込みに気が付いて、本当の幸せを感じたい方は、心理カウンセリングにお申込みください。⇒心理カウンセリングについて 

タイトルとURLをコピーしました