LINEからもご予約&お問い合わせが出来ます。

子宮・卵巣の血流を良くするために必要なこと

子宮・卵巣の血流を良くするために必要なこと

良い卵胞や、子宮内膜を育てるには、子宮や卵巣への血流が大切だと言われます。

では、具体的に何をすれば、子宮や卵巣の血流が良くなるのでしょうか?

下肢の血管の流れを良くする

まず始めに行うべきなのが、下肢の血管の流れを良くすることです。

子宮・卵巣への血流は、下肢に流れて、その後で下肢から子宮・卵巣へ還ってきます。

ですから、下肢で血流の流れが悪くなることが、子宮・卵巣の血流が悪くなることに繋がります。

そして、下肢の血流が悪くなる原因のひとつが、筋肉と筋肉の間で血管が圧迫されることです。

血管というのは、筋肉と筋肉の間の隙間と通ります。

ですから、筋肉と筋肉の間が狭くなったり、通りが悪くなったりすると、血管が圧迫されて、血流が悪くなります。

子宮・卵巣の血流を良くするためには、下肢の筋肉と筋肉の間の隙間をしっかりと空けて、血流がスムーズに流れるようにする必要があります。

自律神経の働きを良くする

血管を動かしているのは、自律神経です。

ストレスがかかって、自律神経の交感神経が優位に働くようになると、内臓への血流が低下します。

ですから、子宮・内臓への血流を良くするためには、交感神経の興奮を抑える必要があります。

交感神経は、背骨の前側を走行していますので、交感神経の調整には、背骨の調整が必要になります。

タイトルとURLをコピーしました