レッドフラッグとは?

レッドフラッグについてご説明します。

レッドフラッグとは?

レッドフラッグというのは、医療において見逃してはいけない疾患を示唆する兆候のことです。

医療における危険信号、見逃してはいけないサインのことです。

すぐに病院での処置が必要な病気でも、症状の出始めた初期の状態では、重病ではないと感じられることがあります。

ですが、多くの場合レッドフラッグのサインが出ています。

整体は医療ではありませんが、レッドフラッグのサインが出ている方に出会うことがあります。

レッドフラッグサイン

整体にご来院される方の、代表的なレッドフラッグサインです。

  • 数日間続く発熱
  • 原因不明の体重減少
  • 最近の外傷、怪我
  • 安静にしていても痛みが強い
  • 癌や腫瘍の既往歴

腰痛や肩こり、首の痛みなどと一緒に、上記の兆候が見られる方は、念のために一度病院に行きましょう。

レッドフラッグがみられた場合

レッドフラッグがみられた場合には、すぐに病院に行くことが大切です。

重症重病ではないと自分では感じられても、そうではないことも多々あります。

まずは、病院で診察を受けましょう。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました