LINEからもご予約&お問い合わせが出来ます。

いまさらですが引き寄せの法則について

引き寄せの法則の第二次ブームが終わりかけな今日この頃ですが、引き寄せの法則について書いてみたいと思います。

引き寄せの法則というのは、ざっくり言うと「自分の思い描いたことが自分に引き寄せられてくる法則」です。

これだけ聞くと、自分の思い描いた願望が向こうから勝手にやってくるんだ!と思ってしまいます。

これが、引き寄せの法則第一次ブームの罠です。

実際には、願望を思い描いたからと言って、勝手に理想の現実が引き寄せられるわけはなく、多くの人が、挫折した経緯があります。

次に、引き寄せの第二次ブームでは、願望を思い描くことが大切なのではなく、その時の気分や感情が大事なんだ!という主張に変りました。

ですが、第一次ブームと同じように、気分や感情に見合った現実が引き寄せられてくるわけもなく、多くの人が挫折しました。

そして、今に至るわけですが、引き寄せの法則というのは何だったのでしょうか?

引き寄せの法則は嘘なのでしょうか?

実際にところ引き寄せの法則が示していることは、事実としてあります。

そして、引き寄せの法則を使って願望実現をしたという人も実際にいます。

ですが、引き寄せの法則を他人に伝えようとする時に、大きな誤解が生まれてしまうということが起こります。

これが、引き寄せの法則で挫折してしまう原因です。

挫折してしまった人は、引き寄せの法則を誤解しています。

しっかりと理解していれば、挫折するはずがありません。

では、どんな誤解をしてしまうのかというと、引き寄せの法則は願望実現の手段であるという誤解です。

引き寄せの法則は、願望実現の手段ではなく、単なる人間にとっての現実がどのように作り出されるかということに関する観察結果の報告です。

どのように人間の現実が作りだされるのかを解説したものが、引き寄せの法則です。

そして、ここで重要なのが、人間の現実は確かに創りだされているのですが、それを個人の人間が操作して作りだすことは出来ないということです。

つまりは、引き寄せの法則を使って、意識的に現実を創りだすことは出来ないということです。

これが、引き寄せの法則が、願望実現の手段ではないということの意味です。

冷静に考えてみればわかるのですが、現実というのは、全世界の人間やその他の生物、そして海や風などの自然や、宇宙などが、協調して起こしてします。

それを、単なる一人の人間が思い通りに動かして、創ることなどできません。

では、引き寄せの法則を使って願望実現した人は、何をどうして願望を実現したのかというと、個人的な願望ではなく、全体としての願望を実現したということです。

現実は、宇宙の全てが協調して創っています。

ですから、個人的な人間に湧いてくる願望も、宇宙の協調の中で起こってきます。

この、宇宙と協調した願望であれば、当然現実になります。

一方で、引き寄せの法則に挫折してしまう人は、個人的な願望を叶えようとして失敗します。

引き寄せの法則が上手く行っている人というのは、傍で見ると、個人的な願望を実現しているようですが、実際には、全体としての願望を実現しています。

引き寄せの法則は、個人的な願望を実現しようとすると失敗します。

ですが、多くの人は、個人的な願望を叶えたいと思います。

この矛盾がある限り、この先も、引き寄せの法則で挫折する人が続出します。

矛盾しているようですが、まずは引き寄せの法則を個人の願望を実現するために使わないことが、引き寄せの法則を使うために必要です。

タイトルとURLをコピーしました