自律神経失調症に効果のある整体 | 千葉市緑区おゆみ野いまい整体院(鎌取駅から徒歩2分)

「自律神経失調症」とは ~いまい整体院「自律神経失調症」専門ページ~

「自律神経失調症」というのは、「自律神経」の働きが失調してしまう病気です。

「自律神経」というのは、人間の意識が関与できない神経です。

自律している神経です。

「自律神経」が管理しているのは

◆内臓の働き

◆心臓・血管の働き

◆汗のコントロール

◆気管のコントロール

◆消化液・唾液のコントロール

◆内分泌機能のコントロール

◆生殖機能のコントロール

です。

「自律神経」には相反する働きをする「交感神経」と「副交感神経」があり、互いにシーソーのような働きをして、様々な働きをコントロールしています。

「自律神経失調症」というのは、この「交感神経」と「副交感神経」の働きが乱れることで起こる症状のことを言います。

「自律神経失調症」の症状

「自律神経」は全身をコントロールしているので、「自律神経失調症」になると、様々な症状が現れます。

頭痛片頭痛(偏頭痛)・緊張型頭痛

肩こり・首こり・腰痛

◆耳鳴り・めまい

◆胃腸の異常

◆息苦しさ・動機

◆眼精疲労・ドライアイ・まぶたのピクピク

喉の違和感(ヒステリー球・梅核気)

◆口の渇き・ドライマウス

◆手足のしびれ

◆汗の異常

◆だるさ・倦怠感

◆精神的な不安定・不安症・うつ病・パニック障害

以上のように心身両面において、広範囲の異常があらわれます。

そして、その大半の症状は病院で検査をしても異常なしという診断になります。

なぜなら、「自律神経の異常」は、器質的な異常でなく、機能的な異常だからです。

器質的な異常というのは、目に見える異常です。怪我や損傷など、目に見える形の異常です。

機能的な異常というのは、働きの異常なので、目に見えません。

ですから、「自律神経失調症」は病院では診断がつきづらい病気です。

千葉市いまい整体院の「自律神経失調症」に対する考え方

千葉市いまい整体院では「自律神経失調症」という病気は実質的にない、ありえない病気だと捉えています。

なぜなら、

自律神経は失調しない

と考えているからです。

人間の体は自然のものです。

自然の働きというのは、いついかなる時も、与えられた状況・条件の中で最善のバランスを維持しています。

一切の手抜きはしません。

ですから、「自律神経失調症」においては「自律神経の働き」が悪くなっているのではなく、

自律神経の働きが悪くなっているように見えてしまう、状況・条件がある

というのが実際の姿だと考えています。

自律神経の働きが悪くなっているように見える状況・条件があるのに、自律神経の働きが良い状態にみえるとしたら、「自律神経」が失調しています。

逆に自律神経の働きがよく見える状況・条件であるのに、自律神経の働きが悪い状況にみえるとしたら、それも「自律神経」が失調しています。

しかし、自律神経の働きが悪くなっているようにみえる状況・条件があるなかで、自律神経の働きが悪くなっているようにみえるのは、「自律神経」は失調していません。正常に働いています。

ですから、「自律神経失調症」を治す時には、「自律神経」の働きをよくするという方向性ではなく、自律神経の働きが悪くみえてしまう状況・条件を変える必要があります。

千葉市いまい整体院ではそれを、あなたと一緒に考えていきます。

まとめ

「自律神経失調症」は自律神経の働きが失調してしまう病気です。

自律神経は全身の働きをコントロールしているので、症状も様々です。

しかし、千葉市いまい整体院では、「自律神経失調症」は、自律神経の働きが失調しているのではなく、自律神経がそうせざるを得ない状況・条件があるために起こっていると考えています。

「自律神経失調症」を治すには、この状況。条件を変えていく必要があります。

 

>>>整体で効果のある症状まとめに戻る

2019年1月20日

Posted by いまい整体院 院長