LINEからもご予約&お問い合わせが出来ます。

反り腰だと腰痛になるのか?

反り腰が腰痛の原因であるという意見があります。

それは、本当でしょうか?

反り腰だと腰痛になるのか?

反り腰とは?

反り腰というのは、腰が反りすぎている姿勢のことです。

ですが、腰は立位だと元々反っています。

腰が反りすぎるのは良くない

脊柱(背骨)というのは、立った姿勢だと反るようになっています。

なぜ反っているかというと、ショックを吸収するためです。

元々反っている腰ですが、反り腰の状態は、腰が反りすぎています。

反り過ぎている腰は、逆に負担がかかります。

反り腰の原因は?

反り腰になってしまう原因は2つあります。

一つ目は、股関節です。

股関節が内側に入りすぎると、反り腰になります。

後ろから見ると、お尻を振って歩いているように見える人は、股関節が内側に入りすぎて、反り腰になっています。

二つ目は、猫背で肩甲骨辺りの背骨が丸くなっていることです。

猫背で背中が丸くなると、前に倒れないように反り腰になることで姿勢を保ちます。

反り腰だからといって腰痛になるとは限らない

反り腰の人が、必ず腰痛になるかというとそんなことはありません。

反り腰の人は、首肩こりや膝に不調を抱えていることも多いです。

腰痛は原因をしっかりと見定めることが大切です。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました