人間は普段、意識に歩いています。

ですから、「足指をしっかりと使って歩いていますか」?と聞かれてもすぐに答えることが出来ません。

そして、意識して歩いてみると、ほとんどの方は、足指を使って歩いていません。

足指を使って歩いている人は少ないです。

なぜ足指を使って歩いていないのか?

現代人は足指を使って歩くことが苦手です。

これは、裸足で歩く機会が少ないことが原因です。

素足で歩く時に、足指を使わないと大変歩き辛いです。

ですから、素足で歩くと自然に足指を使います。

ですが、靴で歩くと、足指を使わないでも歩けてしまいます。

靴で歩けば歩くほど、よほど意識していない限りは、足指を使わなくなってしまいます。

足指が曲がっていませんか?

足指を使って歩いていない人は、足指が曲がっていて伸びていません。

そして、足にタコが出来ていたり、外反母趾であったりします。

これは、足に不自然に体重がかかっているから起こることです。

足指を使えない状態ですと、足の一部に体重がかかり、足に負担がかかります。

そして、この状態になると、背筋を伸ばすことが大変になります。

足がしっかりとしていないと、猫背になってしまいます。

足指を使うと自然と背筋が伸びる

逆に言えば、背筋が伸びていると、足指をしっかりと使って歩くことが出来ます。

実際に歩いてみるとよくわかるのですが、足指でしっかりと着地して、足を出すときに、足指で蹴るようにすると、背筋が伸びます。

足指を使うことと、背筋が伸びることは連動しているのです。

ですから、猫背を治したい方や、背筋を伸ばしてキレイに歩きたい方は、足指を意識して歩くことをオススメします。