夜寝ている時に足をつってしまったり、急に動いた時に足をつってしまうことがあります。

足をつる原因は様々言われていますが、どれも的外れに感じます。

なぜなら、それらの対処法を実践しても、足がつりやすい傾向が治らないことが多いからです。

ですが、整体の観点からしますと、骨盤が開きすぎていることが原因と考えられます。

なぜなら、骨盤を整えると足をつりやすい傾向が改善するからです。

なぜ骨盤が開くと足をつりやすくなるのか?

骨盤というのは、開く方向に歪みます。

骨盤が開くと、外側重心になったり、猫背になったりします。

また、腰痛の原因になったり、膝痛の原因になったりします。

骨盤は、体の中心的な役割を担っているので、骨盤が歪んでいるということは、その他の様々な部分も歪んでいるということです。

足に関しましては、骨盤が開いていると股関節・膝関節・足関節各部分で、ねじれるという歪みが起こります。

ねじれるという歪みが起こっているので、足の筋肉もねじれるように引っ張られます。

つまり、常時足の筋肉が引っ張られる状態になってしまっているということです。

いつも筋肉が引っ張られ緊張状態にありますので、血液の流れが悪くなる寝ている時や、準備運動が足りない時に、すぐ足をつってしまうことが起こります。

どうすれば骨盤を整えることが出来るのか?

では、どうすれば骨盤を整えることができて、足がつらないようにすることができるのでしょうか?

それは、股関節・膝関節・足関節など足の関節と整えて、足のねじれをなくすことが必要になります。

足の関節が整い、足のねじれがなくなると、骨盤が整う準備が出来ます。

関節の矯正・骨盤の矯正は整体によって行うのが一番確実ですが、自分で行う場合には、まず座り方に気をつける必要があります。

座る時に、膝を開いて座ると、骨盤が開きます。

また、あぐらや横座りなどの座り方をすると、骨盤の開きに加え、左右の骨盤の歪みも起こります。

ですから、床に座る時には正座、椅子に座る時には膝を閉じて座る週間をつけることが大切です。

※具体的な座り方はこちらでご説明しています。

膝を閉じて座ると骨盤が閉じて姿勢が良くなる

膝を閉じて座ると骨盤が閉じて姿勢が良くなる

まとめ

足がつりやすいのは、骨盤が開いてしまっていることが原因であることが多いです。

骨盤が開いていると、足の関節が歪み、足の筋肉が引っ張られた状態になってしまい、足がつりやすくなります。

まずは、足の関節や骨盤を歪ませないように、座り方から気をつけることが大切です。