腰痛になる大きな原因として、座り方の悪さがあります。

現代の生活では、座る機会が多いので、特に座り方には気をつける必要があります。

その座り方の中でも、特に腰痛に良くない座り方が二つあります。

その座り方とは、横座り足を組む座り方です。

なぜ座り方が悪いと腰痛になるのか?

まず、座り方が悪いとなぜ腰痛になるのでしょうか?

それは、骨盤と股関節が歪んでしまうからです。

腰痛には、骨盤の歪みと股関節の硬さが大きく影響します。

ですから、骨盤と股関節が歪んでしまう悪い座り方は、腰痛の方は特にやめたほうが良いと言えます。

横座り・足組むはなぜ悪い?

座り方の悪さのなかでも、横座りと足を組む座り方は、大きく骨盤と股関節を歪ませてしまいます。

ですから、腰痛を改善させる時には、まずはじめに、横座りと足を組むことをやめる必要があります。

横座りと足を組むのをやめても、腰痛がすぐに治るわけではありませんが、今後のことを考えて、まずはこの二つの座り方をやめましょう。

なぜ横座りや足を組む座り方をしたくなるのか?

腰痛の原因になってしまうとわかっていながら、どうしても横座りや足を組む座り方をしたくなるということがあります。

体に悪いのに何故したくなるのか?と思われるかもしれません。

これは何故かといえば、そもそも体が歪んでしまっているからです。

整った体であれば、横すわりや足を組んだりすると嫌な感じがします。

ですが、骨盤や股関節が歪んでいると、横座りや足を組んだ状態のほうが、体にとっては真っ直ぐです。

ですから、本当に良いのは、まず整体で体を整えることです。

整った体になった上で、座り方に気をつけるのが一番良いと言えます。

※腰痛にならない正しい座り方はこちらをご覧下さい。

膝を閉じて骨盤を立てた正しい座り方