腰痛と聞くと、腰に原因がありそうなものですが、実際には腰自体には原因がないことがほとんどです。

では、どこに原因が多くあるのかと言うと「仙腸関節」と呼ばれる骨盤にある関節です。

この仙腸関節の動きが悪くなり、腰痛や臀部や下肢の違和感・しびれがでる症状を

仙腸関節障害

と言います。

仙腸関節とは

仙腸関節は骨盤にある関節です。

骨盤

仙腸関節

この仙腸関節は、上半身の重さを受けて、うまい具合に骨盤や足に伝える役割を持つ大切な関節です。

ですから、負担がかかりやすく、障害されやすいとも言えます。

仙腸関節の異常とは?

仙腸関節というのは、骨盤にある関節ですので、

仙腸関節の異常=骨盤の歪み

とも言えます。

この仙腸関節の異常による腰痛は、レントゲンやMRIでは診断することができません。

なぜなら、仙腸関節の異常は目に見える異常ではなく、目に見えない可動性の異常だからです。

可動性の異常というのは、動きが悪いという異常です。

仙腸関節の異常というのは、仙腸関節の動きが悪くなり、骨盤が歪んでしまう異常です。

なぜ仙腸関節の異常が起こるのか?

この仙腸関節の異常は、多くの場合、座り方に原因があります。

なぜ座り方に多くの原因があるかと言えば、

座った時に上半身の重さが直に仙腸関節にかかるから

です。

立っている時には、上半身の重さは足に流れていきます。

しかし、座っている時には、しっかりと座らないと、仙腸関節に負担がかかってしまいます。

では、どんな座り方が仙腸関節の異常を起こしてしまうのでしょうか?

1.骨盤を後ろに倒してしまう座り方

骨盤を後ろに倒ししまう座り方というのは、特に仙腸関節に負担をかけます。

悪い座り方

「骨盤を後ろに倒す座り方」

この座り方をすると、背中も丸まり、肩も巻き込んでしまい、いわゆる猫背の状態になってしまいます。

また、椅子に座った状態だけでなく、足を伸ばして壁やソファーに寄りかかる姿勢も、骨盤を後ろに倒す座り方になります。

ですから、椅子に座る時だけでなく、床に座る時にも気をつけましょう。

床に座る時には「正座」が良いです。

2.足を組むなど、骨盤を歪める座り方

骨盤を後ろに倒す座り方だけでなく、足を組んだり、横座りなども、仙腸関節に負担をかけます。

これは、何気なくやってしまいますが、仙腸関節の異常がある方がやると良くないので気をつけましょう。

ただ、足を組んでしまったり、横座りが楽なのは

すでに骨盤がゆがんでいるから

です。

骨盤がそもそも歪んでいなければ、足を組みたくなったり、横座りをしたくはありません。

ですから、気をつける理想的な順番は

①骨盤矯正などで、まず骨盤を整える

②骨盤を整えた上で、座り方に気をつける

です。

仙腸関節障害を判断するポイント

仙腸関節障害はレントゲンでは映りません。

ですから、病院ではなかなか診断がつきません。

ですので、仙腸関節障害はいくつかの兆候を観て、総合的に判断する必要があります。

①痛む部位

まずは、痛む場所が「仙腸関節」にあるかどうかです。

この時に気をつけることは、仙腸関節部に痛みがなくても、仙腸関節障害がある場合もあるということです。

仙腸関節障害は巡り巡って腰に痛みを出したり、お尻のあたりに放散する痛みを出したりすることがあります。

②仙腸関節にあえて負担をかける検査で痛みが出る

仙腸関節障害を判断する時に

あえて仙腸関節に負担をかける検査

があります。

この検査で、仙腸関節に痛みがでれば、仙腸関節障害であると判断できます。

③椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などの兆候がみられない

また、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛など、他の腰痛の原因と考えられる兆候のあるなしも、判断する上で大切です。

ここでの注意点は、他の腰痛の原因と仙腸関節の障害が並行して起こっていることもあるということです。

仙腸関節障害を治すにはどうすればよいのか?

仙腸関節障害を治す際に一番大切なのが

座り方に気をつける

ことです。

とにかく仙腸関節に負担をかけないことが大切です。

そして、重症の場合には骨盤矯正などを受けることをお勧めします。

その上で、座り方に気をつければ、今後も仙腸関節障害による腰痛が再発する心配もなくなります。

まとめ

座り方が悪いと、必然的に仙腸関節に負担がかかります。

その状態で1時間、2時間と時間を過ごすと、仙腸関節に異常が現れ始めます。

そして、その座り方が習慣化し、仙腸関節の異常が日常化してしまうと腰痛という症状が出てきてしまいます。

この時の腰痛は、なんとかその座り方をやめてほしいという体からの訴えです。

姿勢が悪く、病院でも診断がつかない腰痛の方は仙腸関節に異常があるかもしれませんので、まずは座り方に気をつけましょう。

[いまい整体院のご案内]

img_006

営業日:月曜日~土曜日(日曜休み) ※祝日も営業しています。

営業時間:10:00~21:00(最終受付20:00)

整体料金:5000円(初回6000円)

電話番号:080-4947-3843

住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野3-17-2 GRASS SQUARE六番館307

アクセス

JR外房線鎌取駅から徒歩2分・イオン鎌取店前

map_large

 詳しいアクセスはコチラから⇒アクセス

地図

ご予約&お問い合わせ

ご予約&お問い合わせ

ブログの著者紹介

img_132

いまい整体院 院長

はじめまして、千葉市いまい整体院院長の今井 優です。

私は、高校生の頃からはじまった原因不明の体調不良に十数年間悩まされました。

そして、病院で異常が見つからなかったために、様々な健康法を試したり、整体法や矯正法を学ぶことで、自分の体調不良を克服しました。

その過程で、人間の健康を作っているのは「姿勢・心・食」の3つの要素にあると確信しました。

千葉市で開業しています「いまい整体院」は、私の得た知識や技術を、私と同じような心身の不調に悩まされている方の為に役立てたいという思いから、はじめました。

いつまでも治らない慢性症状や、病院では原因がよくわからない体調不良にお困りの方は、いまい整体院にご相談ください。

ブログトップページに戻る

⇒「ブログトップページ

「院長の体調不良~回復の経緯」はこちらをご覧下さい。

⇒「院長のプロフィール

「いまい整体院のホームページ」はこちらから

2main

⇒「千葉市いまい整体院HP