肩甲骨のゴリゴリ音・ボキボキ音の正体とは?

肩甲骨を動かすと「ゴリゴリ・ボキボキ」と音がすることがあります。

痛みがあることもあるのですが、痛みがなく単に音だけがすることも多いです。

ですが、この「ゴリゴリ・ボキボキ」とした音が、少し不気味で、なぜこの音が鳴っているのかが気になります。

このゴリゴリとした音はなぜ起こっているのか?

ゴリゴリとした音は、そのままにしてもいいのか?

どうすればなくなるのか?

について、ご説明させて頂きます。

なぜ肩甲骨を動かした時に「ゴリゴリ・ボキボキ」と音がするのか?

肩甲骨というのは、肋骨の上にあります。

肩甲骨

「肩甲骨は肋骨の上」

そして、肩甲骨の周りには筋肉が張り巡らされています。

肩甲骨が良い位置にあって、しっかりと動いているのであれば、「ゴリゴリ・ボキボキ」とした音はしません。

しかし、肩甲骨の位置がズレると、肩甲骨にくっついている筋肉が、肋骨に引っかかります。

その肋骨に肩甲骨の筋肉が引っかかった時の音が「ゴリゴリ音・ボキボキ音」です。

また、肋骨の側がゴツゴツと歪んでいても、同様に肩甲骨の筋肉に引っかかって「ゴリゴリ・ボキボキ」とした音がします。

肋骨が「道」

肩甲骨がその道を走る「車」

だとすると、肋骨という道が「オフロード状態」だと、その上を走る肩甲骨という「車」がガタガタとしっかりと走れません。

肩甲骨を動かした時に、「ゴリゴリ・ボキボキ」音がする時には、そういったことが起こっています。

この「ゴリゴリ音・ボキボキ音」は放っておいても良いのか?

では、この「ゴリゴリ」とした音は、放っておいても大丈夫なのでしょうか?

この「ゴリゴリ」とした音がなる状態は

①肩甲骨の位置がズレている

②肋骨がゴツゴツしている

という2つの状態を表しています。

そして、この状態がひどくなればなるほど、「肩こり」や「肩甲骨の間」の不快感が増します。

ですから、あまりに「ゴリゴリ音・ボキボキ音」がひどい場合には、運動や体操や整体などで、体を整えたほうが良いと言えます。

また、時々「ゴリゴリ・ボキボキ」とした音がする程度でしたら、その都度、肩甲骨を動かしたり、肩回しをするだけで、良い状態に戻りますので、大丈夫であると言えます。

どうすればこの「ゴリゴリ音・ボキボキ音」がなくなるのか?

では、この「ゴリゴリ音・ボキボキ音」はどうすればなくなるのでしょうか?

この「ゴリゴリ音・ボキボキ音」をしっかりとなくすには、

①肩甲骨の位置を正しい位置に戻す

②肋骨の凸凹を整える

ことが必要になります。

そして、まずは②の肋骨の凸凹を整える必要があり、そのあとではじめて肩甲骨の位置が正しい位置に戻るようになります。

1.肋骨の凸凹を整える

肋骨が凸凹するのは、なぜかというと背中が丸まるからです。

肋骨というのは、背筋が伸びている状態だと、整います。

そして、猫背のように背中が丸まると凸凹します。

ですから、まずは背筋が伸びる状態にする必要があります。

では、どのようにすれば背筋が伸びて肋骨の状態が整うのかと言えば、

座り方に気をつける

ことです。

実は背中が丸まるのは、骨盤が後ろに倒れた座り方をするせいです。

悪い座り方

「骨盤が後ろに倒れた座り方」

この座り方をしていると、背筋が伸びることができません。

まずは、この座り方を治して、骨盤を立てた座り方を習慣化する必要があります。

良い座り方

「骨盤を立てた座り方」

この座り方が習慣化してくると、背筋が伸びるようになり、肋骨が整ってきます。

※座り方につきましてはこちらでもご紹介しています。

膝を閉じて座ると骨盤が閉じて姿勢が良くなる

膝を閉じて座る(膝をつけて座る)と骨盤が閉じて、姿勢が良くなる

また、以下の方法を並行して行うと、効果が高まります。

背筋が伸びるストレッチ

1.上に伸びる

伸びストレッチ(上方向)

「伸びストレッチ(上方向)」

この上に伸びるストレッチをすると、背筋が伸びます。

悪い座り方で固まってしまった、背筋が伸びます。

2.下に伸びる

伸びストレッチ(下方向)

「伸びストレッチ(下方向)」

下に伸びるストレッチも行うと効果が倍増します。

上に伸びるストレッチとは違う場所が伸びます。

3.マッサージ道具で肋骨を押す

背筋をストレッチで伸ばしたあとは、肋骨をマッサージ道具で押すと良いです。

肩こりマッサージ器

「マッサージ道具(ツボ押し)」

こういったタイプのマッサージ道具(ツボ押し)で、肩甲骨の間の肋骨を押すと、肋骨に柔軟性がついて、少し肋骨のデコボコが治ります。

100円均一でも、似たマッサージ道具がありますので、探してみてください。

※マッサージ道具(ツボ押し)の具体的な使い方はこちらでご紹介しています。

100均マッサージ

お金をかけずに簡単に肩こりを解消する方法。100均グッズを使った本格マッサージ法。

4.ゴルフボールで出っ張った肋骨を引っ込める

マッサージ道具よりも、効果があるのが、ゴルフボールを下にして、その上に仰向けに寝て、肋骨の出っ張りを引っ込める方法です。

これは、とても効果的なのですが、痛い場合がありますので、タオルなどをはさんでやると良いです。

けっして無理してやらないことが大切です。

※肋骨の凹凸と肩こりの関係についてこちらでご説明させて頂いています。

治らない肩こりの原因

治らない肩こりの真の原因は、「筋肉のこり」ではなく、「肋骨の固さ」にある!?

2・肩甲骨の位置を正す

では、肋骨を整えた上で、今度は肩甲骨の位置を正しましょう。

肩甲骨の位置は外側にずれます。

本来は背骨よりによっていなければいけないのですが、それが外側にずれます。

ですから、肩甲骨の位置を正す際には、肩甲骨を寄せる運動をすればよいです。

肩甲骨を寄せる運動

肩甲骨を寄せるストレッチ

「肩甲骨を寄せる運動」

この写真のように、肩甲骨を内側にグーっと寄せるだけで十分です。

15秒から30秒ほど寄せると良いです。

肩甲骨を寄せたあとは、その状態で肩甲骨を上下させると良いです。

肩甲骨を上げ下げする運動

肩甲骨の上下運動

「肩甲骨を上げ下げ運動」

まとめ

肩甲骨を動かした時に「ゴリゴリ・ボキボキ」と音がするのは

①肩甲骨の位置がずれているから

②肋骨が凸凹しているから

です。

そして、この「ゴリゴリ・ボキボキ」を治すには

①座り方に気をつける

②背筋を伸ばすストレッチをする

③肩甲骨を寄せる運動・上げ下げする運動

をすると良いです。

関連ページ

いまい整体院HPの「肩甲骨ページ」です。

肩甲骨の痛み、動きの悪さにお悩みの方は、是非一度ご覧下さい。

肩甲骨のお悩みページ