立ち上がる時の腰痛

ずーっと座っていて、いざ立ち上がろうとすると腰が痛い。

こういった、立ち上がる時の腰痛にお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。

実は、この立ち上がる時の腰痛の原因は、立ち上がる前の

座り方

に原因があります。

では、どんな座り方をして、どう立ち上がれば良いのでしょうか?

なぜ立ち上がる時に腰が痛いのか?

立ち上がる時の腰痛は、座り方に原因があると言いましたが、なぜ、座り方によって腰が痛くなるのでしょうか?

それは、

腰を丸めた座り方で体が固まった状態で立ち上がるから

です。

腰を丸めた座り方というのは、骨盤を後ろに倒し、腰・背中が丸まった座り方です。

腰を丸めた座り方

腰を丸めた座り方

そして、この状態で固まると、いざ立ち上がった時に腰が痛くなります。

それは、何故かといえば、

立った時には、腰を丸めた状態から、腰を伸ばす必要があるから

です。

立った時には腰を伸ばす

立った時には腰が伸びる

腰を丸めて座っていても、立った時に腰を丸めたままでよければ、腰は痛くありません。

しかし、腰を丸めたまま立つと、前が向けません。

これが老人姿勢と呼ばれる姿勢です。

老人姿勢

老人姿勢

つまり、なぜ立ち上がった時に腰が痛くなるのかと言えば、

立つ時には腰が伸びなければいけないのに、座っている時に腰が丸まったまま固まるから

です。

腰を丸めて座る

腰を丸めた座り方

立つ時は腰が伸びる

立った時には腰を伸ばす

どのように座れば、楽に立ち上がれるのか?

では、どのように座れば、楽に立ち上がれるのでしょうか?

それは、

始めから腰をのばして座る

ことです。

腰を伸ばした座り方というのは、骨盤を立てた、背筋を伸ばした座り方です。

腰を伸ばした座り方

腰を伸ばした座り方

この座り方で座っていれば、いざ立ち上がっても元々腰が伸びているので、腰に負担がかかることはありません。

腰を伸ばす座り方

腰を伸ばした座り方

立った時には腰が伸びる

立った時には腰を伸ばす

まとめ

立ち上がる時に腰が痛いのは、座っている時に腰を丸めているからです。

立ち上がる時には、腰を伸ばす必要があるので、座っている時に腰が丸まっていると、いざ立った時に腰に負担がかかります。

ですから、立ち上がる時に腰が痛い人は、座っている時から腰を伸ばして座りましょう。