プロフィールにも書かせていただきましたが、私は過去に体調不良を解決する為に、病院巡りや整体院巡りをしていました。

何軒もの病院や整体院に通い、

ここはダメだ

もっと良い病院、整体院があるはずだ

この先生は信用できない

など、今思うと

自分は何様なんだろう・・・

と恥ずかしくなる有様でした。

まあ、それだけ自分の体調不良を治そうと必死だったわけですが、独りよがり、自分勝手でしたね。

そして、実はこの独りよがり、自分勝手というのが、私が体調不良であった原因でもあります。

どういうことかというと、人間の自然治癒力と言われる力は、ざっくり言うと

安心・信頼・感謝

といった状態にある時に働くからです。

睡眠時に深い眠りにある時は、安心していますし、信頼しています。

ですから、無防備に眠れているわけですね。

ですが、不安や不信や恐怖の状態にあると、自然治癒力が働きません。

調子の悪い時は、大概よく眠れなくなるのは、不安感や不信感があるためです。

昔の私は、不安感や不信感でいっぱいでした。

数々の病院や整体院に行っても治らなかったのは、私自身の自然治癒力が働いていないためでした。

お医者様を疑い、整体師の先生を疑い、更には自分自身を疑い・・・

そんな状態でした。

病院や整体院で治るのは、最終的には先生を信頼するからです。

先生を信頼する自分の力(自然治癒力)で治ります。

今はそれがよくわかります。

過去の自分に反省。

・・・

というわけで、過去の自分の恥ずかしい話です。

病院や整体院は、評判の良さや技術力の高さではなく、

最終的には、先生を信頼出来るかで、決めましょう。

治すのは先生ではありません。

先生を信頼する自分の力で治ります。

自分の体に宿る大自然の力に感謝。