産後の女性は、関節の痛みに悩まされることが多いです。

手首の痛み・膝の痛み・足首の痛み・腰痛・恥骨の痛みなどその痛みは全身に及びます。

いまい整体院にも、産後の体調不良でご来院去れる方がいらっしゃいます。

産後の女性はなぜ関節の痛みに悩まされるのか?

いまい整体院では、産後の女性に対してどのように整体を行っているのか?

お話させて頂きます。

産後の女性の関節は緩くなっている!?

産後の女性の関節はゆるくなっています。

なぜ関節がゆくるなっているのかといえば、出産の際に骨盤がゆるむことが必要だからです。

このゆるくなった関節ですが、産後にすぐに元の関節のかたさに戻るわけではありません。

ですから、ゆるくなった関節の状態で、家事や育児をすることになります。

家事・育児は関節に負担がかかる

出産後にゆっくりと休めるのでしたら、関節の痛みは起こらないのですが、そうはいきません。

赤ちゃんを抱っこしたり、オムツを替えたり、お風呂に入れたりする必要があります。

この育児の動作は、関節に負担がかかります。

ですから、育児に際して負担のかかりやすい、手首や腰や膝や足首に痛みが出てきます。

整体でズレた関節の位置を戻すと関節の痛みがなくなる

関節の痛みは、関節に負担がかかったことによって、関節の位置がズレることによって起こります。

ですから、いまい整体院の整体では、関節の矯正によって、ズレてしまった関節の位置を元の位置に戻します。

すると、関節の痛みはなくなります。

ですが、産後の女性は自分の時間がなかなかとれません。

そして、関節に負担のかかる育児をやめることが出来ません。

ですから、育児以外で、関節に負担のかかる動作をなるべく減らし、関節の痛みがひどくならない内に、整体を受ける。

また、育児をしていると関節に痛みが出てきますが、その都度その都度で対処をして、ひどくならないようにする。

多くの産後の方の整体施術をさせて頂きましたが、こういった対処が一番良いようです。

そして、ある程度自分の時間が取れるようになった時に、しっかりと体を整えることをするのが良いです。