猫背というと、体が丸まっているイメージがあります。

ですので、体を伸ばせば姿勢が良くなると考えてしまいますが、そうではありません。

実は、猫背の人は丸まっているだけでなく、体がねじれています。

猫背を治すにはまず体のねじれを解消することが必要

猫背姿勢を治す時には、体を伸ばすことが第一ではありません。

まずは、ねじれてしまっている体を治す必要があります。

ねじれているものには、縮む力が強く働きます。

これはバネを想像していただければわかります。

ねじれている状態で、伸ばそうとしていも、すぐに縮んで体が丸まります。

ですから、まずは体のねじれを治すことが大切です。

体のねじれを治すには体をヒネる運動が有効

体のねじれを治すには、体をヒネる運動が有効です。

体がねじれてしまっているのは、一方向に偏ってねじれていることなので、左右均等にねじれるようになるイメージで行うと良いです。

体をヒネる運動をする時には、ポイントがあります。

それは、段々と体を伸ばしながら行うということです。

はじめは、体を伸ばすことが難しいので、ある程度体を丸めた状態でしか運動が出来ません。

ですが、ヒネる運動をやっていくうちに段々と体を伸ばすことが出来るようになっていきます。

そこで、少しだけ頑張って体を伸ばしで、ヒネる運動をすると、さらに体が伸ばせるようになります。

これを日々繰り返すことで、次第に体が伸ばせるようになっていきます。

ねじれは手足にも起こっている

ねじれるという歪みは、実は手や足にも起こっています。

足のO脚やX脚は、足がねじれた結果です。

手がねじれると、肩の高さが左右で違ったりします。

手のねじれは、肩の歪みにつながります。

足のねじれは、骨盤の歪みにつながります。

そして、肩と骨盤の歪みは背骨の歪みにつながります。

ですから、体の歪みをしっかりと治すには、手足のねじれも解消することが必要になってきます。

猫背をしっかりと治すには全身のねじれを解消することが必要

このように、猫背をしっかりと治すには、手足を含めた全身のねじれを解消することが必要になります。

猫背というのは、背中の問題だけではなく、全身の問題です。

背筋を伸ばすだけの、猫背矯正は大変ツライです。

猫背の矯正は手足を含めた体のねじれを治しながら行うと、スムーズに姿勢が治っていきます。