治らない肩こりの原因

国民病とも言える肩こりですが、なかなか治らないという声をよく聞きます。

それは何故かといえば、肩こりの原因を間違えてしまっているからです。

肩こりというと、筋肉のこりが原因と考えられていますが、なかなか治らない肩こりの原因で多いのは

肋骨の固さ

にあります。

肩こりの原因は、筋肉のコリだけではない

肩こりと聞くと、肩の筋肉がこっている・固くなっていると思います。

しかし、肩こりの嫌な感じは、筋肉のコリ感だけではありません。

筋肉のコリが原因の肩こりは、マッサージなどで、筋肉をほぐすと、すぐに治ります。

しかし、マッサージなどで治らない肩こりは、筋肉のコリだけではなく、その他にも原因があります。

それが

肋骨の固さ

です。

肋骨というと、肩にはないと思われる方もいらっしゃいますが、実は肩を形作る骨の一つです。

肋骨と肩こり

「肩にある肋骨」

この肋骨が固くなるのが、重症の慢性化した肩こりです。

なぜ肋骨が固いと肩こりになるのか?

この肋骨ですが、実は背骨と「関節」を作っています。

関節というと、膝などが思い浮かびます。

ですが、関節というのは、骨と骨のつなぎ目のことなので、背骨と肋骨のつなぎ目にも関節があります。

肋骨が固いというのは、この背骨と肋骨の関節が固まってしまった状態のことです。

この関節が柔らかいと、肩を触ってもフワフワと柔らかく感じます。

しかし、この関節が固くなると、がちっとした肩になります。

美容室で、肩こってますねと言われる肩です。

そして、人間はこの肋骨の固さを肩こりと感じます。

肩がこっている人が、肩を動かしたくなるのは、この関節を動かしたくなるからです。

なぜ肋骨が固くなるのか?

では、なぜ肋骨が固くなるのでしょうか?

それは

猫背などの姿勢の悪さが原因

です。

関節が固くなるのは、負担がかかり続けるからです。

猫背で姿勢が悪くなると、

頭が前に出る

肩が前に出る

ことが起こります。

すると、この前に出た頭と肩を支える必要性が出てきます。

それをするのが、肩にある肋骨です。

前に出てしまった頭と肩を支えるので、肋骨が固くなります。

肋骨を柔らかくして、治りづらい肩こりを治す方法

肋骨の固さは、姿勢の悪さが原因になっています。

ですので、肋骨を柔らかくする根本的は方法は

姿勢の悪さを治す

ことです。

そして、その上で、固くなった肋骨の関節を動かす運動をすることです。

1.姿勢の悪さを治す

※姿勢の悪さは座り方から治す必要があります。

膝を閉じて座る(膝をつけて座る)と骨盤が閉じて、姿勢が良くなる

2.肋骨の関節を動かす運動をする

※肋骨の関節は、100円均一のマッサージ道具(ツボ押し)でも柔らかくすることが出来ます。

お金をかけずに簡単に肩こりを解消する方法。100均グッズを使った本格マッサージ法。

この2つのことをすることで、なかなか治らなかった肩こりが治っていきます。

※肩こりには、内臓が原因のものがあります。

急にはじまった肩こりや、いつもとは違う痛み方、痛みの強さがある場合には、病院で診察を受けることをオススメします。