病院で行われるリハビリの多くは、怪我による急性の疾患に対して行わるものです。

ですが、慢性的な腰痛、五十肩、膝の痛みに対しては、あまり有効ではありません。

それはなぜかといえば、慢性的な腰痛、五十肩、膝の痛みなどは、関節の位置がズレて、うまく動かなくなっているからです。

怪我による疾患は、怪我が治れば、多くの疾患で関節の位置も戻り、うまく動くようになります。

ですが、慢性疾患の場合には、時間をかけて、少しずつ、関節の位置のズレと、動きの悪さが作られます。

そして、リハビリというのは、多くの場合で、怪我などの急性疾患を前提にされています。

つまり、関節の位置や動きがそもそもズレていないことが前提になっています。

言い換えますと、今病院で行われているリハビリは、関節の位置を正し、動きの悪さを回復させることを目的としてはいないということです。

ですから、関節の位置がずれて、動きが悪くなっている、慢性的な腰痛、五十肩、膝の痛みに対しましては、あまり有効ではありません。

ですが、関節の位置が正されて、動きが正常になった方に対しては、リハビリは大変有効です。

関節の位置を正し、動きを正常にするのは、整体の仕事です。

そのあとに、正しく動くようになった関節を日常で使えるようにするのがリハビリです。

・・・

リハビリと整体。

役割の違いがあります。

ですが、あまりその違いが認識されていません。

私は整体師です。

整体の役割をしっかりと果たしたいと思っています。