息苦しいのは猫背が原因。楽に呼吸するための方法

最近なんだか疲れやすくて、息苦しい・・・

整体院にご来院されるお客様から、よくそういったお声を聞きます。

息苦しいということは、呼吸がしづらいお体の状態になっているという事です。

そして、呼吸がしづらい体の状態というのは

猫背姿勢

です。

呼吸は肺が行っている!?

呼吸は「」で行っています。

肺

「肺」

肺が膨らんだり、しぼんだりすることで、呼吸が行われています。

肺が膨らむ=吸う

肺がしぼむ=吐く

そして、実はこの肺ですが、肺自身が膨らんだりしぼんだりはしません。

肺という臓器自体は膨らんだりしぼんだりする力はありません。

では、なぜ肺は膨らんだりしぼんだりするのか?

それは

肺の外側にある肋骨が膨らんだりしぼんだりするから

です。

肋骨が広がることで肺が膨らみます。

肋骨がしぼむことで肺がしぼみます。

試しに、肋骨を一切動かさないで、呼吸をしてみてください。

絶対にできないはずです。

呼吸は、肋骨が動くことで、間接的に肺が動くことで行われています。

なぜ猫背姿勢だと呼吸が苦しくなるのか?

猫背姿勢というのは、体が丸まった姿勢です。

体が丸まると肋骨が潰れてしまいます。

おにぎりが潰れて、平べったくなってしまった感じになります。

前後に潰れて、横に広がります。

全体的には、平べったくなります。

この肋骨の状態だと、肋骨が前後に広がれません。

ということは、肋骨の中にある肺も広がることが出来ません。

ですから、猫背姿勢だと呼吸が苦しくなってしまいます。

猫背姿勢だと息を吸うのが難しくなる

猫背姿勢の時は、息を吐くのは得意です。

息を吐く時は、肋骨がしぼむ・潰れていく動きをします。

猫背姿勢の時は、肋骨がしぼむ・潰れている形になっているので、息を吐くのは楽です。

猫背姿勢の人がよくため息をついているのは、そのせいです。

逆に、猫背姿勢の人は息を吸うのが苦手です。

猫背姿勢の人の息苦しさは、息を吸えない息苦しさです。

疲れやすい頭がスッキリしないのは呼吸が浅いから

息が吸いづらくなっているということは、猫背の人のお体は酸素不足になっているということです。

酸素が不足していると、

頭がボーッとしてしまう

考えがまとまらない

体がだるい・疲れやすい

ということが起こってきます。

楽に呼吸するための方法

楽に呼吸するには、

猫背姿勢を治す

ことが必要になります。

猫背姿勢を治すことで、肋骨が膨らむ・広がれる状態にすることで、息を吸うのが大変楽になります。

猫背を治すには座り方をキチンとする

猫背を治す際には、まず座り方に気をつけることからはじめます。

では、どんな風に座れば良いのかを言うと

・骨盤を立てた座り方

・背筋を伸ばした座り方

です。

骨盤を立てた座り方というのは、骨盤を後ろに倒さない座り方です。

下の写真は、骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まった座り方です。

腰を丸めた座り方

「骨盤が後ろに倒れた座り方」

そして、これが骨盤を立てた座り方です。

腰を伸ばした座り方

「骨盤を立てた座り方」

そして、写真を見るとわかりますが、骨盤を立てると自然に背筋が伸びます。

まずは、この座り方をしましょう。

背筋が伸びたら肩の位置を正しい位置に持ってくる

次にやることは、肩の位置を正しい位置に持ってくることです。

猫背姿勢の方は、巻き肩と呼ばれる肩の位置が前に出た状態になっています。

巻き肩になってしまうのは、骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まるからです。

肩は胴体に乗っかっているので、肩の土台である胴体が前に丸まっていると、肩も必然的に前に行くしかなくなります。

ですから、座り方をきちんとする事で、肩が胴体にしっかり乗っかるようにする必要があります。

では、どうすれば肩の位置が正しい位置に来るかというと

①座り方をキチンとする

②肩甲骨を内側に寄せて、上にあげて、落とす

ことです。

座り方をキチンとした状態で、②肩甲骨を内側に寄せて、上にあげて、ストンと落とすと、肩が自然と正しい位置に戻ります。

猫背を治す3つのストレッチ

座り方をキチンとする

肩を正しい位置に持ってくる

まずはこの姿勢を作ることが大切です。

しかし、多くの猫背姿勢の方は、この姿勢が大変ツライです。

この姿勢がツライから猫背であると言えます。

ですので、今度はこの姿勢が楽になるストレッチをする必要があります。

①伸びる

まず、上記しました、キチンとした座り方をします。

そして、伸びをしましょう。

伸びストレッチ(上方向)

「伸びストレッチ」

背中に伸びる感じがあれば成功です。

この時に、背中が伸びるのではなくて、脇の下あたりの筋肉が伸びる方は、はじめに③の肩甲骨の運動をしましょう。

②ヒネる

次に行うのは、上半身をヒネるストレッチです。

このストレッチもキチンと座ったまま行いましょう。

ヒネるストレッチ

「ヒネるストレッチ」

このストレッチの注意点は、丸まった状態で行わないということです。

体を丸めてしまうと効果が半減してしまいます。

背中を丸めてやらない

「背中を丸めない」

③肩甲骨の上下運動

最後に行うのが、肩甲骨の上下運動です。

やり方は簡単です。

肩甲骨を内側に寄せた状態で、肩甲骨を上下させるだけです。

意外にもキツイ運動なので3回程度で十分です。

このストレッチもキチンとした座り方をして行いましょう。

肩甲骨を寄せるストレッチ

「肩甲骨を内側に寄せる」

肩甲骨の上下運動

「上下運動をする」

楽に呼吸出来ると自律神経が整う

以上のように、猫背姿勢を治すことで、楽に呼吸が出来るようになります。

呼吸が楽に出来ることの何が良いかと言われれば

自律神経が整うこと

です。

現代の日本の生活では大変自律神経が乱れやすいです。

自律神経が乱れると

元気がでない

だるい

頭がボーっとする

内臓の調子が悪い

などの症状が出ます。

自律神経というのは、自律しているだけあって、自分の意思でアプローチすることが難しいです。

ですが、呼吸ならそれが出来ます。

楽に呼吸が出来るお体をつくることで、自律神経を整えて、健康な生活を取り戻しましょう。