人間はどうしても、効率の良さを考えてしまいます。

でも、効率の良さとはなんなのでしょうか?

無駄がないことでしょうか?

ですが、いままで自分がやってきたことを考えると、無駄ばかりです。

あれもこれも無駄無駄無駄。

急がば回りまくりです。

ですが、時間軸を数年単位に伸ばすとアラ不思議。

無駄だと思っていたことが実は、無駄ではなかったことに気がつきます。

効率が良いというのは、単に人間が浅はかに未来を予測したことを元にした効率の良さです。

未来予測が正確でなければ、本当の意味で効率が良いとは言えません。

人間の未来予測なんて、当たった試しがありません。

ですから、急がば回れで良いのだなと思いました。

とにかく、今出来ることをやること。

それが、一見効率が悪いことでも全然構わない。

そう考えると楽になりました。

今の辛さや失敗が、未来で輝くというのは事実です。

慰めでもなんでもなく。

・・・

今回は精神論を語ってしまいました。

そんな偉くもないのに。

でも、楽になる考え方ではあるのかなと思います。