よくスピリチュアルなどでは、

必要なものは全て今にありますよ

と言われます。

ですが、いやいや足りないものばかりで、そんなことはないですというのが実感するところです。

ですが、素直に考えてみると、確かにそうかもしれないと最近思います。

今大金が必要かと言われればそうでもない

今すごい才能が必要かと言われればそうでもない

今名誉や評価が必要かと言われればそうでもない

それよりも、今目の前にいる人との関わりであったり、今食べているもののことであったり、今やっていることであったり、

そういった今起こっていることのほうが、重要で、大切です。

そして、それこそが今の自分に必要なのだと、最近感じるようになってきました。

昔は、将来すごい仕事について、皆に評価されて、なるべく将来困らないようにと、

未来のことばかりを考えていました。

ですが、そうすると当然足りないことばかりが、意識されます。

そして、それは今ないものです。

未来を中心に考えると、今ないものばかりになってしまいます。

ですから、今ある必要なものに意識が向かなくなってしまいます。

本当は、今自分に必要なもの、最重要なことはあるんですね。

・・・

というわけで、今が大切というお話でした。

私がこういう考え方になってきたのは、単純に年をとってきたからでしょう。

人生も折り返し地点に到達して、先が見え始めました。

ですから、未来思考ではなくなり、自然と今に目が向くようになってきました。

昔に比べて、人生が格段に幸せになり、楽に生きられるようになってきました。

物事が自然と起こるのに任せられるようになってきました。

ああそうか、力を抜けば、自然と自分らしく生きられるんだ。