尾骨というのは、尻尾の骨です。

人間にも尻尾の名残があり、それが尾骨です。

この尾骨ですが、おまけのように感じられますが、実は大変重要な骨です。

そして、座っている時や寝ている時に、尾骨が痛むことがあります。

なぜ尾骨が痛むのか?

尾骨というのは、通常は痛くなることはありません。

しかし、尾骨に痛みが出る方がいらっしゃいます。

そして、多くの方が、座っている時や寝ている時に尾骨が痛むとおっしゃられます。

では、なぜ座っている時や寝ている時に尾骨が痛むのでしょうか?

その原因は単純です。

それは、座っている時や寝ている時に、尾骨が地面に当たるからです。

通常、座っていても寝ていても尾骨が当たることはありません。

尾骨は、ピョコっと飛び出ているのではなく、少し巻き込むようになっているからです。

ですが、座り方が悪かったり、尾骨が飛び出るように歪むと、座っている時や寝ている時に、尾骨が当たるようになります。

これが、座っている時や寝ている時に尾骨が痛む原因です。

座り方や姿勢が悪いと、尾骨が歪む

尾骨は骨です。

骨なので、関節があり歪みます。

そして、尾骨が歪むから座っている時や寝ている時に痛みます。

では、何をすると尾骨が歪むのでしょうか?

それは、骨盤を倒す座り方です。

骨盤を倒す座り方をすると、尾骨が座面に当たって、潰れる状態になります。

悪い座り方

「骨盤が倒れた座り方」

この骨盤を倒した座り方によって、尾骨が歪んてしまうと、この座り方をした時や、仰向けで寝た時に尾骨が痛むようになります。

どうすれば尾骨が痛くなくなるのか?

では、どうすれば、尾骨の歪みが整い、尾骨の痛みを解決することができるのでしょうか?

まず、やるべきことは、座り方を改めることです。

骨盤を倒すのではなく、骨盤を立てた座り方をすることです。

腰を伸ばした座り方

「骨盤を立てた座り方」

骨盤を立てた座り方をすることによって、尾骨が潰されることがなくなり、尾骨が整い始めます。

ですから、まずはこの座り方を習慣づけましょう。

この座り方をしても痛みがなくならない場合には、尾骨の歪みが自然治癒力では治らないほど歪んでいます。

その時には、整体で整える必要があります。

まとめ

座っている時や寝ている時に尾骨が痛むのは、座り方が悪いせいで、尾骨が歪んでいるからです。

座り方の悪さが原因なので、まずは座り方を治すことからはじめましょう。

※座り方に関しましては、こちらで詳しくご説明しています。

膝を閉じて座ると骨盤が閉じて姿勢が良くなる

膝を閉じて座る(膝をつけて座る)と骨盤が閉じて、姿勢が良くなる