巻き肩というのは、肩の位置が前にズレてしまっている状態の姿勢です。

猫背のタイプの一つです。

この巻き肩ですが、単に肩の位置がズレているだけでなくて、腰痛の原因になったり。、膝の痛みの原因になったりします。

そして、巻き肩の状態になっていると、腱鞘炎になりやすくなります。

腱鞘炎とは?

腱鞘炎というのは、アキレス腱と同様の手首の「腱」が炎症を起こすことで起こります。

腱というのは、筋肉が骨につくために、硬くまとまったもので、手首ですと、細長い状態の腱に触れることが出来ます。

この腱が炎症を起こしてしまうのは、使いすぎということも原因ですが、何よりも、手首の関節の位置がズレてしまっているということが原因になります。

手首の関節がずれた状態で、手を使いずぎると、腱に多大な負担がかかります。

ですから、炎症を起こし、腱鞘炎と呼ばれる状態になってしまいます。

なぜ巻き肩だと腱鞘炎になりやすいのか?

では、なぜ巻き肩だと腱鞘炎になりやすいのでしょうか?

それは、肩の位置が前にズレている状態だと、手首の関節がズレやすくなるからです。

人間の体というのは、全身がつながっています。

そして、距離が近ければ近いほど、影響も受けやすいです。

肩の関節のズレは、肘や手首の関節のズレを誘発します。

ですから、巻き肩の状態で、手首に負担のかかる動作を繰り返し行うと、手首の関節がすぐにズレてしまいます。

巻き肩を治さないと腱鞘炎が治らない

腱鞘炎を治す際には、手首の関節だけ整えてもしっかりとは治りません。

まずは、巻き肩を治す必要があります。

肩の位置が正しい位置に収まると、手首の関節も正しい位置に戻りやすくなります。

ですから、まずは巻き肩を治し、その上で手首の関節を調整すると、腱鞘炎が治っていきます。

また、関節の位置の調整と並行して、手の使い方を手首に負担のかからない使い方にしていくことも大切です。