私は学校に馴染めない人間でした。

学校というシステムに違和感しか感じない・・・

ですが、当時は違和感を感じる自分が異常だと思っていましたし、周りの人もそう言いました。

でも今思うのです。

あの時の自分の違和感の方こそ正しかったと。

おそらく、本当はみんな違和感を感じていたはずです。

ですが、世の中の力学によって、いつの間にか違和感を感じないようになっていくのではないでしょうか?

そして、違和感がないように振舞うことのできない人は、学校に馴染めず苦しい思いをします。

演技上手の人が羨ましいです。

・・・

患者さんと、発達障害についてお話しました。

障害と呼ばれている状態は、本当は障害ではなく、単に今の社会では少数派というだけです。

そして、その状態は、多数派にとって都合が悪い部分があります。

多数派は、少数派を自分たちの状態に合わせようとします。

少数派をおかしいと言います。

ですが、本当は良くも悪くもなく、治す必要もありません。

更には、少数派の方が、実は正しいということも多いです。

もしも、今発達障害と言われてしまっている人たちが多数派で、その多数派によって社会が作られていたら・・・

今、正常と言われている人は、異常だと認定されて、直される対象になります。