姿勢が悪く猫背であると聞くと、背中が丸いとか肩が丸まっているのをイメージされると思います。

しかし、実際に姿勢を整え、猫背を治す際に大切なのは、「」です。

なぜ足を整えることが大切なのか?

なぜ、姿勢を整え猫背を治す際に、足を整えることが大切なのでしょうか?

それは、足が人間の体の土台になるからです。

そして、人間が立つ時に、立つ力を生み出す場所だからです。

どういうことかというと、人間が立つ為には、地面から力を得る必要があります。

例えばトランポリンなどのように、地面が柔らかいと、地面から力が得られず、立ちづらいです。

足は、地面からの力を上半身に伝える役割があります。

ですから、足が歪んでいると、上半身を伸ばす力が得られません。

姿勢が良いというのは、重力下の中で、効率よく立っていられる・動いていられるということです。

ですから、足からの力が効率よく得られないと、良い姿勢を維持することが出来なくなります。

まずは、足を整えることが大切です。

どのように足を整えれば良いのか?

では、どのように足を整えれば良いのでしょうか?

それは、まずは膝と足を閉じて座ることです。

膝と足を閉じると聞くと、とても簡単なように聞こえますが、足の歪みが大きければ大きいほど、大変です。

人によっては、1分間膝と足をつけて座れない場合もあります。

そして、膝と足をとじて座れるようになったら、今度は足の指を地面に付けられるようにします。

足の歪みの大きい方は、足を地面につけた時に、足指のつけ根だけが地面につきます。

その位置の皮が厚くなっている方が多いです。

なぜ足の指が付かないで、足指の付け根が地面に付くかと言えば、足指が浮いているからです。

その状態を浮き指と言います。

ですから、足指をしっかりとつけて座ることが大切です。

足を整えて上半身を整えると猫背が治る

足が整うと、上半身が良い姿勢になる土台が出来上がっています。

ですから、次は上半身を整える番です。

上半身は、まず骨盤を立てて座ることからはじめます。

その次に背中を伸ばし、肩の位置を整えます。

そして、最後に頭を良い位置にもってくると、猫背が治ります。

※詳しい姿勢の整え方はこちらでご紹介させて頂いています。

膝を閉じて座ると骨盤が閉じて姿勢が良くなる

膝を閉じて座ると骨盤が閉じて姿勢が良くなる

※猫背のチェック方法はこちらでご紹介させて頂いています。

猫背の3タイプと姿勢チェック方法

猫背の3つのタイプと姿勢のチェック方法