千葉市緑区おゆみ野(JR外房線鎌取駅から徒歩2分)にある整体院。いまい整体院では、姿勢を整えることを重視した整体を行っています。肩こり腰痛に悩まれている方、猫背ではありませんか?

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)に関する医学的な説明

  • HOME »
  • 四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)に関する医学的な説明

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)について

四十肩・五十肩というのは俗称で、正式名は「肩関節周囲炎」と言います。

四十肩・五十肩は、その名の通り、四十代五十代以降に好発します。

特徴は「肩関節の痛み」と「肩関節の運動制限」です。

簡単に言えば、肩が痛くなって、腕が上がらなくなる疾患です。

この四十肩・五十肩ですが、実際には様々な病態が混同されています。

ですので、「肩が痛くて腕が上がらない」という症状は同じでも、検査をしてみると、皆さん全く違う疾患であることがほとんどです。

四十肩・五十肩というと

一年ぐらいで「四十肩・五十肩」は、放っておいても自然に治る

という事が、言われていますが、実際には治らない四十肩・五十肩も多いですし、放っておいたせいで、肩の関節が固まり、痛みがなくなっても腕が上がらない障害が残ってしまうこともあります。

ですので、四十肩・五十肩になったら、しっかりと治療を行ったほうが良いです。

「四十肩・五十肩」の実態

では、四十肩・五十肩は実際にはどんな疾患なのでしょうか?

代表的なものは「石灰沈着性腱板炎」「肩峰下滑液包炎」「上腕二頭筋長頭腱炎」「腱板炎」「腱板断裂」「インピンジメント症候群」などです。

1.「石灰沈着性腱板炎」

肩の関節にはたくさんの筋肉がついています。

そして、骨に付く筋肉の部分は丈夫になっています。

この部分を「腱板」と言います。

「石灰沈着性腱板炎」はこの「腱板」に石灰が沈着し、その石灰が肩関節の中に流失することで炎症が起こる疾患です。

注意点は石灰が沈着しているだけの時は大丈夫だということです。

石灰が流失して初めて炎症が起こります。

この「石灰沈着性腱板炎」は痛みが大変激しく、じっとしていても、夜寝ていても痛みます。

また、腕もほとんど上げられなくなります。

ですので、

①痛みが激しい。安静にしていても痛い。

②腕もほとんど上げられない

といった症状が出た時には、すぐに整形外科に行く必要があります。

「石灰沈着性腱板炎」は病院での治療が必要な疾患です。

2.「肩峰下滑液包炎」

「滑液包」というのは、簡単にいうと、筋肉と骨の間にあるクッションです。

肩関節はとてもよく動くので、その分衝撃や摩擦が大きいので、それを和らげるクッションが必要です。

そのクッションである「滑液包」が炎症を起こすのが「肩峰下滑液包炎」です。

この「滑液包」は肩関節を広く覆っているので、様々な原因により、炎症を起こします。

上記しました「石灰沈着性腱板炎」でも、二次的に「肩峰下滑液包炎」が起きます。

また、下記しています、「上腕二頭筋長頭健炎」「腱板炎」「腱板断裂」でも、炎症が波及して「肩峰下滑液包炎」が起こります。

つまり、「四十肩・五十肩」といわれる疾患には、多少なりともこの「肩峰下滑液包炎」が関わっているという事です。

この「肩峰下滑液包炎」も炎症性疾患なので

①安静にしていても痛い

②腫れている

③熱感がある

④肩が動かせない

などの症状が出ますので、まずは整形外科に行くことが必要です。

3.「上腕二頭筋長頭腱炎」

「上腕二頭筋」というのは、「力こぶ」の筋肉です。

この筋肉は肩甲骨から肘の下にかけて骨に付着していますが、肩甲骨に始まって肩関節を通る時に、90度に曲がっています。

この90度に曲がっているところに「摩擦」が生じます。

勿論、筋肉が切れないようになっているのですが、それでも長年使っていると、炎症を生じることがあります。

それが「上腕二頭筋長頭腱炎」です。

「上腕二頭筋長頭腱炎」は、肩の前が痛みます。

そして、炎症が拡がると、上記しました「肩峰下滑液包炎」になる可能性があります。

4.「腱板炎」

「腱板炎」は主に「棘上筋」という筋肉の腱に炎症がおきる疾患です。

この「棘上筋」は肩甲骨~上腕骨にかけて付いている筋肉です。

そして、腕を横に上げた時に、肩甲骨と腕の間に挟まりやすい筋肉です。

ですので、肩関節の状態が悪い時に、腕を横に上げる動作を繰り返すと「棘上筋」が傷つき炎症を起こすことがあります。

それが「腱板炎」です。

「腱板炎」も炎症が広がると「肩峰下滑液包炎」に波及する可能性があります。

5.「腱板断裂」

「腱板断裂」は、上記しました「腱板炎」の進んでしまったものです。

腱板の炎症ではなく、腱板が断裂してしまったものを「腱板断裂」を言います。

この「腱板断裂」には部分的に断裂した「部分断裂」と、完全に断裂した「完全断裂」とがあります。

「完全断裂」は主に「怪我」によるものがほとんどです。

ですので、「四十肩・五十肩」の症状が出るのは「部分断裂」の方です。

この「腱板部分断裂」が軽度の場合は、肩関節が固まることもなく、自然と治ることがあります。

所謂「放っておいても治った」というのは、この軽度の「腱板部分断裂」の場合です。

「四十肩・五十肩」に対するいまい整体院の考え

以上のように、一言で「四十肩・五十肩」といってもその病態は様々です。

そして、場合によってはいくつかの疾患が合わさっていることも多いです。

ですので、

①肩が安静にしていても痛い

②腕が上がらない

という症状が見られましたら、まずは整形外科に行くことをお勧めします。

そして、「炎症性」の疾患「石灰沈着性腱板炎」「肩峰下滑液包炎」でしたら、病院にて「炎症」を抑える治療を受けることが必要です。

「炎症」自体は、治療を受けることで収まってきますが、「四十肩・五十肩」で問題になるのが、肩関節の拘縮です。

肩関節の拘縮というのは

「肩の関節が固まる」

ことです。

単に筋肉が硬くなるのではなく、関節にまつわるさまざまな部分が変化して固まってしまうのを「拘縮」と言います。

「四十肩・五十肩」で本当に問題になるのが、

「痛みは弱くなる、またはなくなったが、今度は腕が上がらなくなってきた」

という状況です。

この「拘縮」の状態に如何に陥らないか、または、如何に回復させるかが大切になります。

ですので、

◆何が原因となっているか?

◆今の状態の時にどんな治療をすることが最適なのか?

を考慮する必要があります。

例えば、原因によっては病院で治療を受けることが必要なものがあります。

そして、逆に整体院での治療が必要なこともあります。

また、炎症が起こっている時に腕を上げたり、動かしたりする治療は逆効果ですし、逆に「拘縮」が進んでいるのに、安静にしてしまうのは良くないです。

このように「四十肩・五十肩」の治療は、

◆原因は何か?

◆今どの状態なのか?

◆今はどの治療をするべきか?

◆予後はどのようになるのか?

をしっかりと判断して、治療を進めることが必要になります。

「四十肩・五十肩」は、軽く考えられがちな疾患ですが、重症になってしまい、治療が難しい状態になってしまう方がいらっしゃいます。

勿論、軽症で、何もしなくてもすぐに治る方もいらっしゃいますが、そうでない場合もあります。

「四十肩・五十肩」は、治療のタイミングと内容が本当に大切な疾患です。

※四十肩・五十肩ページに戻る

四十肩・五十肩を整体で解決するならいまい整体院へ

鎌取駅から徒歩2分。市原市・蘇我・誉田・土気・大網からも便利 TEL 080-4947-3843 営業:月~土曜日(日曜休み)10:00~21:00

いまい整体院 院長 

HP・ブログの著者紹介

はじめまして、「優しい力の関節矯正」いまい整体院(おゆみ野鎌取)院長の今井 優です。
関節の痛みにお悩みの方は、是非一度、いまい整体院にご相談ください。

⇒院長のプロフィール

Twitter つぶやいてます。

適応症状

【首・肩】

首の痛み(寝違え) / 肩こり / 五十肩 / 肩甲骨の痛み / 野球肩

 

【肘・手】

肘の痛み / ゴルフ肘 / テニス肘 / 手首の痛み / 腱鞘炎 / ばね指 / ヘバーデン結節

 

【腰・足】

腰痛 / ギックリ腰 / 椎間板ヘルニア / 坐骨神経痛 / 仙腸関節障害 / 股関節痛 / 膝痛 / 足首の痛み / 捻挫後遺症 / 足底筋膜炎(腱膜炎) / 足裏の痛み / モートン病

 

【姿勢矯正】

猫背矯正 / 巻き肩 / 反り腰 / ストレートネック / 背中の丸さ / 頭の位置

 

【その他の症状】

頭痛 / 自律神経失調 / 体のだるさ(倦怠感)など

ブログ 健康情報満載です。

ブログ

いまい整体院のブログでは、健康・猫背・姿勢・肩こりなどの症状・メンタルヘルスなど、幅広く健康情報をお伝えしています。

⇒いまい整体院ブログ【姿勢を整え痛みを改善する方法】

外房線沿線の方へ

いまい整体院は、外房線鎌取駅から徒歩2分の場所にあります。蘇我駅誉田駅土気駅大網駅からのアクセスも大変便利になっていますので、是非一度ご来院ください。

 

PAGETOP