肩の関節が急に痛くなり、動かなくなる症状を「四十肩・五十肩」と言います。

この四十肩・五十肩はなぜ四十肩・五十肩という名前なのでしょうか?

医学用語では「肩関節周囲炎」

四十肩・五十肩と一般的には言いますが、実はこれは医学用語ではなく、俗称です。

医学用語では「肩関節周囲炎」と言います。

肩の関節と肩の関節の周りに炎症が起きた疾患です。

この肩関節周囲炎のことを、一般的に四十肩・五十肩と言っています。

なぜ四十歳・五十歳頃に肩関節周囲炎になるのか?

この「肩関節周囲炎=四十肩・五十肩」ですが、四十歳・五十歳頃になるとなることから名付けられました。

ではなぜ、四十歳五十歳頃になると、なるのでしょうか?

それは肩の関節の障害が、負担の蓄積によるものだからです。

そして丁度、四十歳、五十歳頃に負担に耐えられなくなるからです。

四十肩・五十肩になる方は、元々肩こりや腱鞘炎・肘の異常のあった方がほとんどです。

人間の体は、肩関節を優先して守ります。

それは、肩が動かなくなると、生活が大きく制限されるからです。

ですから、体のバランスは肩関節に負担がかからないように、手首や肘や肩甲骨の周辺で負担を分担します。

しかし、あまりに長期間負担がかかりすぎると、さすがにかばいきれなくなって、四十肩・五十肩になります。

四十肩・五十肩になったということは、相当な負担が長期間肩関節にかかっていたという事です。

ですので、できれば肩こりや腱鞘炎の段階で、しっかりと治しておくことが大切です。