健康法の中に、呼吸法があります。

今の時代は呼吸の浅い方の多いので、様々な呼吸法があり、本などもたくさん出ています。

ですが、呼吸法を行ってもなかなか効果が見られない方がいらっしゃいます。

そういった方のお体をみせていただくと、そもそも呼吸が楽にできる状態ではないことがほとんどです。

呼吸法というのは、呼吸がしっかりと楽にできる体があってはじめて効果を発揮します。

そして、残念なことに、呼吸法を行っても、呼吸が楽にできる体にはなかなかなれません。

呼吸を楽にしっかりとするためには、柔軟な背骨と肋骨が必要です。

ですが、背骨と肋骨を自分でしっかりと動くようにすることは、大変難しいです。

そもそも、肋骨がどのように動き、どのように固くなっているかが、自分ではわかりません。

ですから、それをしっかりと動くようにと言われても、大変難しいです。

順番としましては、整体で、背骨と肋骨をしっかりと動くようにすることからはじめたほうが良いです。

大幅な時間短縮になります。

そして、そのあとで、呼吸法を学び、実践することが大切です。

・・・

多くの健康法が、体がそもそもちゃんと動くことが前提になっています。

いやいや、健康法なのだから、不健康な人を健康にする方法でしょ?

と思われるかもしれませんが、違います。

ほとんどの健康法が、健康な人をさらに健康にする方法です。

ですから、不健康な状態の人が行っても、効果がでないばかりか、余計不健康になってしまったりします。

まずは、体を元の自然な状態にすることが大切です。

それには、やはり整体が一番効率的であると、経験上思います。