腰痛の原因は様々なです。

筋肉の問題

骨盤の歪み

背骨の歪み

などです。

しかし、その中で見逃されがちな原因があります。

それが、内臓の位置のズレが原因の腰痛です。

内臓の位置はなぜズレるのか?

内臓というのは、骨にへばりつくようにして、ぶら下がっています。

ですから、骨格が歪むとそれにともなって、内臓の位置がズレます。

現代人は、猫背の姿勢になることが多いために、内臓の位置も猫背の形に応じるようにして、位置がズレます。

内臓は位置がズレると、働きが低下します。

内臓も、正しい位置にある時に最大限の働きが出来ます。

内臓の位置のズレが腰痛に影響する理由

内臓は骨にぶら下がっている状態なので、当然骨の動きに影響を及ぼします。

そして、多くの方は、猫背の状態ですので、内臓も体が丸まった状態に合わせて位置しています。

ですから、体を伸ばそうとしたり、腰をそらそうとした時に、内臓が足を引っ張ります。

つまり、内臓が体の動きについてこれなくなっています。

内臓がこの状態になると、腰の動きを妨げて、腰痛の原因になります。

また、腰に重い感じがでてきます。

内臓の位置を調整すると体が軽くなる

内臓の位置がズレるくらいで、腰痛??

と思われるかもしれませんが、実際に内臓の位置を正しい位置に調整すると、体が軽くなり、動きやすくなります。

体が軽くなった感じ、動きやすくなる感じがするということは、内臓の位置のズレが、そうとは意識ぜずに影響していたということです。

普段、内臓の位置や内臓の重さなど、まったく意識していませんが、実は大きく影響を及ぼしています。

ですから、内臓の位置の調整は、腰痛の治療におきまして大変重要です。