日々生活していると、上手くいかないことだらけです。

そして、その時に私はよく落ち込みます。

ですが、よくよく考えてみれば、落ち込むのは、自分は上手くできるはずだという前提があるためです。

自分は出来る

自分は優れている

自分の人生は上手くいくべき

こういう思いが私にあるということです。

ですから、そうでない現実に出会うと落ち込むのです。

ですが、それはかなり傲慢な考えです。

どう考えても自分は完璧な人間ではなく、得意なこともあれば、苦手なこともあります。

むしろ上手く出来ることは希です。

ですから、上手くいかない時、失敗した時は、そんな自分を受け入れ許すことが大切です。

出来ない自分も、失敗した自分も自分です。

その自分を自分から切り離そうとするから苦しい。

否定しても自分なのだから、受け入れて許して、苦しまない道を進みたいものです。

・・・

というわけで、今回は傲慢さからくる苦しさについてお話させて頂きました。

苦しみの中には、傲慢な思い込みが隠れています。

自分なんて、そもそもそんなに優秀ではないです。

でも私は、なぜかそれがなかなか認められない。

自分で勝手に出来ると思い込んで、勝手に苦しんでいる・・・

おかしな話です。

また今日も学びました。

人生は上手くいかなくてよかったんだ!