ギックリ腰は突然なる腰痛だと思われていますが、実は違います。

ギックリ腰になった経緯をお聞きすると

くしゃみをした時

前かがみになった時

荷物を持ち上げようとした時

など日常でありふれている動作であることが多いです。

そして、他の時には大丈夫っだったのに、今回に限って・・・

と皆さんおっしゃいます。

では、いつもと、ギックリ腰になった時と何が違うのでしょうか?

ぎっくり腰になるには原因がある

ぎっくり腰自体は突然なります。

ですが、ギックリ腰になるには、ギックリ腰になる下地があります。

それは、骨盤が硬くなり動かなくなっているという下地です。

骨盤というのは、通常、色々な体の動きに対応して柔軟に動きます。

そして、体に負担がかからないように、負担を分散してくれています。

ですから、骨盤が固くなると、負担を回避出来なくなります。

その影響を一番受けるのが、腰です。

骨盤が動かなくなるという下地が出来上がった状態で、腰に負担のかかる動作をした時に起こるのがギックリ腰です。

骨盤が硬くなるのは座り方の悪さが原因!?

では、なぜ骨盤が硬くなるのでしょうか?

それは、座り方の悪さです。

現代生活は、座ることが中心の生活です。

デスクワーク

書く・読む

などです。

そして、実は座ること自体が骨盤が硬くなる原因になります。

ただでさえ、負担がかかるのに、その座り方が悪いと、骨盤はすぐに硬くなります。

悪い座り方の代表は

足を組む

横座り

です。

腰の状態の悪い方は、まずは座り方に気をつけることからはじめましょう。

※良い座り方はこちらでご説明させて頂いています。

膝を閉じて座ると骨盤が閉じて姿勢が良くなる

足膝を閉じて座ると骨盤が閉じて姿勢が良くなる