人間はなぜか自分の健康を蔑ろにしがちです。

ですが、よくよく考えてみれば、自分に関するあらゆることは、この体で行います。

ですから、自分の体を健康に保っておくことは、何よりも優先されるのが当然だなと思いました。

自分の体が健康じゃないと

運動効率が落ちる

生活水準が下がる

やる気が下がる

行動のパフォーマンスが下がる

思考効率が下がる

などなど、恐ろしいことが起こります。

そして、それが数ヶ月、数年と続くとどれだけの損失が出ることか・・・

改めて考えてみて、怖いなと思いました。

良い学校に入るために勉強するのも良いです。

良い就職をするために勉強、経験を積むのも良いです。

将来お金に困らないために、貯金をしたり、投資をするのも良いです。

仕事で成功するために努力するのも良いです。

人間関係を広げたり、自分の価値を高めるのも良いです。

ですが、やはりまずは、自分の体を健康にすることが最優先です。

そうでないと、努力しても結果が出なかったり、受け取れなかったりします。

そして、健康でないと、幸せを実感出来ません。

まずは、健康になるための努力をしましょう。

・・・

というわけで、改めて言われるまでもないことをダラダラと書かせていただきました。

でも、なんで人間は自分の健康を蔑ろにするのでしょうか?

不思議です。

人間がもしも本当に欲が深く、自分の願いを叶えようと生きる動物であれば、何よりも自分を健康にしようとするはずです。

ですが、自分のことを還りみても、そうではないので、不思議でなりません。

気が付くと、自分の健康を蔑ろにしています。

そのように、条件づけられているのか、何かに洗脳されているのか?

まぁそんなことは、考えてもわからないので、とにかく健康に健康に。

そのように自分に言い聞かせています。