やりたいことをやる!

最近では、当たり前のことになりつつあるスローガンです。

ですが、このスローガンを誤って捉えてしまうと泥沼にハマります。

以前の私がそうでした・・・

やりたいことをやるという時に、まず大切なのが

やりたいことが自分で分かる

ということです。

そもそも、自分で自分のやりたいことがわからない時には、ひとまず落ち着きましょう。

そんな時には、『やりたいこととはなんぞや?』ということをハッキリさせる必要があります。

一般的にやりたいことと言われていることの中には、二つのことが混ざっています。

・単にやりたいこと

・ストレスや鬱憤の発散

この二つです。

私が言っているやりたいことは、単にやりたいことの方です。

ですが、多くの場合、ストレスや鬱憤の発散の方をやりたいことであると認識されています。

例えば、

暴飲暴食

飲酒や喫煙

ギャンブル

などなど。

勿論、純粋に食べることやギャンブルが好きであるという場合もあります。

ですが、その場合には、依存することはありませんし、やめようと思えばやめられます。

このストレスや鬱憤の発散はにハマってしまうといつまで経ってもやりたいことが出来ません。

ひたすらに毎日鬱憤ばらしをする人生になります。

一方単にやりたいことというのは、やりたい以外に目的のない想いです。

遊びたい

寝たい

おいしいものを食べたい

ライブに行きたい

などなど。

やりたいという思いだけなので、例え叶わなくてもかまわない思いです。

この単にやりたい思いをやることが、

やりたいことをやる

ということです。