ばね指というのは、指に起こる腱鞘炎です。

指を引っ張る筋肉を使いすぎたために、炎症が起こったと説明されます。

ですが、沢山指を使っても、ばね指になる人とならない人がいます。

ここの違いはどこから来るのでしょうか?

ばね指の本当の原因は?

ばね指の原因は、手の使いすぎ、力を入れて手や指を握る作業のしすぎと言われています。

ですが、単に手や指を使いすぎるだけでは、ばね指にはなりません。

では、本当の原因はどこにあるのでしょうか?

それは、骨の歪みです。

骨の歪みというのは、手や指の関節の歪みです。

手や指の関節が動きづらくなったり、位置がズレてしまうことです。

この手の骨の歪みがある状態で、手や指を使いすぎると、ばね指になる可能性が出てきます。

つまりは、

手や指の骨の歪み+使いすぎ

が、ばね指の原因になります。

ばね指は肘の歪みも影響する

ばね指の原因になる骨の歪みは、手や指だけではありません。

全身の骨の歪みが影響します。

そして、その中でも肘の関節の歪みが、ばね指に大きく影響します。

それはなぜかというと、手や指を動かす筋肉が肘にくっついているからです。

肘に歪みがあると、手や指の筋肉に、不要な緊張が入ってしまうからです。

ですから、ばね指の治療には、肘の歪みをしっかりと整えることが大切です。

まずは骨の歪みを整えること

ばね指の解決には、手や指を使い過ぎないことや、セルフケアも大切ですが、

まずは整体にて骨の歪みを整えること

が大切です。

自分だけて、手や指の関節の歪みを整えることは難しいです。

ですから、ばね指や腱鞘炎は治りづらいと思われています。

ですが、整体にて骨の歪みをしっかりと整えて、その上で、生活習慣に気をつけてセルフケアを行えば、ばね指は解決します。