優しい力の関節矯正で、病院やマッサージでは解決の難しい関節の痛みを解決する千葉市の整体院です。「手間暇をかける整体」「細かく丁寧な整体」が特徴の整体院です。

「自殺願望・希死念慮体験克服記」

  • HOME »
  • 「自殺願望・希死念慮体験克服記」

自殺願望・希死念慮の違い

自殺願望と希死念慮は同じ意味に捉えられますが、ニュアンスは異なります。

自殺願望というのは「自殺を望む」ことです。

希死念慮というのは「自殺についての思いにとらわれる」ことです。

自殺願望ですと、自殺を望んでいる状態ですので、自殺をすることで得られる利益に意識が向いています。

一方、希死念慮は自殺をしたい、自殺をすることで利益が得られるという意識ではなく、自殺をしなければいけないということに意識が向いています。

自殺願望・希死念慮に悩まされる日々

うつ病体験克服記」にも書かせていただきましたが、私は長らく「うつ病」に悩まされていました。

そして、その中で「自殺願望・希死念慮」にも悩まされていました。

うつ病の軽い時には「自殺願望」が出てきます。

死んだら楽になるのかな?

死んだら今の問題は全て解決するのかな?

死んだらもう悩まなくてすむのかな?

こういった死ぬことによって、救われるのかな?という思いに囚われていました。

この自殺願望ですが、実は誰しも持っています。

深刻な現実に対面することは、誰でもあります。

そんな時には、死ぬことで問題が解決するのでは?と思うことは別に異常なことではありません。

しかし、この状態があまりに長く続くことは、異常であるといえます。

死ぬことしか考えられなくなる

そして、うつ状態がひどくなると、今度は「自殺願望」ではなく、「希死念慮」が出てきました。

ここまで来ると、「死にたい」が「死ぬべきだ」に変わってきます。

あたかも死ぬことが義務であるかのように感じています。

気になるニュース、見る映画、ネット、読む本におきまして、気になるのが死についてになってきます。

この状態は完全に病的ですので、心療内科や精神科、然るべき相談機関に相談する必要があります。

自殺願望・希死念慮の克服

「自殺願望」「希死念慮」に関しましては、その根底には

自分には生きている価値がない

という誤った認識があります。

これは、事実そうなのではなく、完全に個人的な思い込みです。

しかし、そう思い込んでいる本人にとっては、純然たる事実と感じられます。

ですから、周りの人たちがいくら声をかけても、生きている価値があるとは感じられません。

この頃の私にとっては、何を言っても無駄でした。

ですが、根本の部分では自分の価値を感じたいし、生きていたいのです。

これは誰でもそうです。

この状態の時にまず必要なのは、「休養」です。

ゆっくり休んで、食べて、しっかりと寝る、という当たり前のことが大切です。

全部ではないのですが、この「自殺願望」「希死念慮」は脳の機能異常である部分があります。

ですから、まずは脳の機能を回復させる必要があります。

そして、その後で「価値観」を見直し、崩していく必要があります。

これは、カウンセリングなど専門的な技術と知識のある方と共に行う必要があります。

自殺願望・希死念慮に対する誤解

「自殺願望」や「希死念慮」に関しましては、いくつかの誤解があります。

実は、こういった死に関する思考は、誰の頭の中にも浮かびます。

誰しもふと「死にたい」と思うことはよくあります。

しかし、問題なのは、うつ病などの既往歴のある方は、この死に関する思考をキッカケとして、連想ゲームが始まってしまいます。

そして、どんどんうつ状態へと向かって行ってしまいます。

これは、一度思考の連想ゲームの回路ができると、なかなか無くならないことが原因です。

これが、うつ病の再発が多い原因です。

こういった思考に流されないようにするためには、思考をただ思考として観察する力をつける必要があります。

思考に反応しないで、受け流す力です。

これは「瞑想」などが有効です。

最近の心理療法では「認知行動療法」などがこのアプローチを行います。

自殺願望・希死念慮にお悩みの方へ

辛い状態にある時、現実が八方塞がりの状態にある時には誰しも「自殺願望」「希死念慮」に囚われます。

この観念に囚われるのは、心が弱いからではありません。

状況と解釈によっては、誰でも持たざるをえないものです。

ですから、まずはこの観念に囚われている自分を責めるのはやめましょう。

そして、心療内科などに相談しましょう。

観念を変えるのは、自分だけでは大変難しいです。

こういった困っている時に人に頼るのは、悪いことでも逃げることでもありません。

そして、必ず克服できるものです。

一度この状態から脱すると

本当に死ななくてよかった

と思います。

死ななかったことで体験することの出来たことがたくさん出てくるからです。

そして、本来だれも死にたくはないのです。

どんな人も平等に生きている価値があります。

必要とされています。

愛されています。

ですから、今日という日をまずは生きましょう。

[いまい整体院のご案内]

img_006

営業日:月曜日~土曜日(日曜休み) ※祝日も営業しています!!

営業時間:10:00~21:00(最終受付20:00)

整体料金:5000円(初回6000円)

電話番号:080-4947-3843

住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野3-17-2 GRASS SQUARE 六番館 307

アクセス

JR外房線鎌取駅から徒歩2分・イオン鎌取店前 

map_large

詳しいアクセスはコチラから⇒アクセス

地図

ご予約&お問い合わせ

ご予約&お問い合わせ

『いまい整体院HP ホームはこちら』

2main

千葉市いまい整体院ホーム

はじめての方はこちらのページもご参照ください。

◆院長のプロフィール

◆施術の流れ

◆整体料金

◆アクセス

◆よくある質問

お悩みの症状別ページ

頭痛 / 肩こり / 肩甲骨はがし / 腰痛 / 坐骨神経痛 / 椎間板ヘルニア / 仙腸関節機能障害 / 頭出し猫背 / 背中丸まり猫背 / 巻き肩猫背 / ストレートネック / 反り腰 / 四十肩・五十肩(肩関節周囲炎) / 膝痛 / 自律神経失調症 / ノドの違和感(ヒステリー球・梅核気)

千葉市おゆみ野(鎌取駅から徒歩2分) いまい整体院  TEL 080-4947-3843 営業:月~土曜日(日曜休み)10:00~21:00

いまい整体院 院長 

HP・ブログの著者紹介

はじめまして、「優しい力の関節矯正」いまい整体院(おゆみ野鎌取)院長の今井 優です。
関節の痛みにお悩みの方は、是非一度、いまい整体院にご相談ください。

⇒院長のプロフィール

Twitter つぶやいてます。

いまい整体院HPはこちら

千葉市緑区おゆみ野・鎌取のいまい整体院

千葉市緑区おゆみ野(鎌取駅から徒歩2分)いまい整体院。
「優しい力の関節矯正」で関節の痛みを解決します。

⇒千葉市いまい整体院(おゆみ野鎌取)HP

ブログ 健康情報満載です。

ブログ

いまい整体院のブログでは、健康・猫背・姿勢・肩こりなどの症状・メンタルヘルスなど、幅広く健康情報をお伝えしています。

⇒いまい整体院ブログ

PAGETOP