人生はコントロールできないことを知ると人生が楽になる

現代社会における皆さんの苦しみの大半は

自分の人生を自分で何とかしなければいけない

というプレッシャーです。

しかし、自分の人生というのは自分で何とかできるものではありません。

自分で自分の人生を何とかしなければいけないのに、人生は自分で何とか出来ない・・・

この葛藤が、苦しみの大きな原因になっています。

なぜ自分の人生をコントロール出来ると思ってしまうのか?

では、なぜそもそもコントロール出来ない人生を、コントロール出来ると思ってしまうのでしょうか?

それは

自分

という概念に原因があります。

「自分」というのは、そもそもなんなのでしょうか?

体のことでしょうか?

思考のことでしょうか?

それとも脳のことでしょうか?

しかし、体は体、思考は思考、脳は脳です。

自分ではありません。

実は、どこをどう探しても、自分というものは見つかりません。

自分というのは、起こることを「ある中心=自分」と関連付けて所有する働きのことです。

実際には、物事・出来事というのは、ただ起こっています。

自分が起こしている訳でも、誰かが起こしている訳でもありません。

地球が太陽の周りを回ってるのも、川が流れるのも、風が吹くのも「ある中心」という何かが起こしているわけではありません。

何かの出来事は、それだけで起こっているのではなくて、全体の働き・動きがあるだけです。

ですが、人間はそれを「何かが起こしている」と考えます。

自分が起こしている

他人が起こしている

何かの力が起こしている

と捉えます。

全体的に起こっていることを、切り取って限定的に理解しようとします。

それの最たるものが「自分」という概念です。

しかし、自分というのは、実際の存在としてはありません。

実際には、物事をコントロール出来る自分という存在はありません。

ですから、自分の人生と呼んでいるものを、コントロールは出来ません。

ですが、自分という概念をあたかも実際にあるかのように思い込んでいるのが人間なので

自分の人生はコントロール出来るという誤解

が生まれています。

自分でコントロール出来ないことを知ると、プレッシャーから解放される

このように言うと、

自分でコントロール出来ないのだから、何もする必要はない

自分でコントロール出来ないなんて、悲しい

と否定的になってしまう方がいらっしゃいますが、それも誤解です。

コントロールが出来ないというのは

コントロールする必要がないという開放感

を伴います。

いままで、ずーっと自分で何とかしなければいけないと思っていたプレッシャーからの開放です。

こんなに楽になることはありません。

自分でなんとかしなくても、しようとしても結果は同じということです。

いままで、何とかしてきたというのも誤解

なんとか出来るということも誤解

です。

自分の人生は、自分とはまったく関係のないところで展開しています。

ですから、自分の人生に自分で責任を持つことも、本来のところでは必要がありません。

自分の人生は、自分でなんとかする必要はありません。

やりたいと思ったことを素直に表現して良いということです。

もちろん、反社会的なことはやってはいけませんが、もっともっと自由に生きて良いということです。

そもそも、物事は勝手に展開しています。

ですから、自由に自分のやりたいことを表現していきましょう。

人生が上手くいっている時は人生をコントロールしようとしていない時

人生が上手くいっている

流れに乗っている

願いが叶う

という感覚の中にいる時は、人生をコントロールしようとしていない時です。

皮肉なことですが、人生を上手く運ぼうとすればするほど、人生が上手くいかなくなります。

そして、人生をコントロールしようとしなければ、人生は上手くいきます。

本来の願望実現や引き寄せの法則で言っていること

様々な願望実現で言われていること、引き寄せの法則で言われていることも

人生をコントロールしない

ということです。

いやいや、じゃあ誰が願望を実現して、誰が良い未来を引き寄せるんだ!!

というお声が聞こえますが、願望を叶える自分・良い未来を引き寄せる自分はいません。

物事・出来事は全体の働きとして起こっているだけです。

自分の人生だと思っているものも、全体の働きの一部を切り取って自分の人生と思っているだけです。

人間のすごいところは、全体の流れを妨げる・邪魔することができるというところです。

全体の働き・流れは常により良い方向に進んでいます。

ですから、人生をコントロールしようとしなければ、自ずと良い方向に向かいます。

じゃあどうすれば人生をコントロールしようとしないことが出来るの!?

人生をコントロールしないと人生が楽になる

人生をコントロールしないと人生が上手くいく

それがわかっても、どうしても人生をコントロールしようとしてしまうのが困ったところです。

ですから、逆に考え、行動すると自然と人生をコントロールしないということが出来ます。

なぜ人生をコントロールしようとするのか?

それは、人生が上手くいっていないと思うからです。

つまり、今が幸せではないからです。

この「今が幸せではない」という感覚こそが、人生が上手くいかない、願いが叶わない根本的な原因です。

ですから、今が幸せであるという感覚になれば、自ずと人生をコントロールしようとしなくなり、物事がうまくはこぶようになります。

では、どうすれば今が幸せであるという感覚になることが出来るのか?

それは

今、幸せであるという側面に意識を向ける

ことです。

実は今のあなたの現実は幸せで溢れています。

そうは思えないのは、単にそこに意識を向けていないからです。

よくよく考えてみると、今上手くいっていない、問題であると捉えている現実以外は全て上手くいっているのです。

体が動くこと

仕事があること

家族がいること

食べ物があること

地球があること

太陽があること

など、人生では上手くいっていることのほうが圧倒的に多いです。

ですから、そのことに意識を向けようと思えば、たくさん上手くいっていることが見つかります。

そして、そのひとつひとつが幸せを形づくります。

地道なことですが、今ある幸せに目を向けていくことが、人生をコントロールしないことにつながっていきます。