腱鞘炎は主に手首に痛みが出ます。

最近では、パソコンのマウスの使いすぎや、スマートフォンの使いすぎでも腱鞘炎になってしまう方がいらっしゃいます。

この腱鞘炎ですが、病院にいっても、無理をせずに、経過を観察するしかない症状のひとつです。

ですので、腱鞘炎で困っている方は沢山いらっしゃいます。

そして、「整体でなんとかならないか?」とご相談頂くことも多いです。

では、腱鞘炎は整体で治すことができるのでしょうか?

腱鞘炎の原因は「手の使いすぎ」

腱鞘炎の原因を一言で言えば

手の使いすぎ

です。

当然ですが、見逃されてしまう点です。

手の使いすぎが原因ですので、腱鞘炎を治す上では、

できる限りの範囲で、手を使わない工夫をする

ということが大切です。

まずは、手の使い方を見直す

次に、大切なことは

手の使い方を見直す

という点です。

腱鞘炎は手の使いすぎが、主な原因ですが、実は手の使い方にも原因があります。

これは、どういうことかというと、体全体ではなく、手だけで動作をしてしまっているということです。

通常、手を使うときには、体全体の連動性を利用しているのですが、これが、連動性を利用せずに手だけの動作になってしまうと、手首に過剰な負担がかかり、腱鞘炎になってしまいます。

ですので、手の使い方を、全身を使った使い方にする必要もあります。

整体で、手の関節を動くようにすると腱鞘炎が治る

手を最大限使わない工夫をする

手の使い方を見直す

この2点を行った上で、

整体により手の関節を動くようにすると、腱鞘炎が治ります。

いまい整体院の整体におきましては、手の関節を全て、こと細かく動くようにします。

腱鞘炎がなぜ起こるのかと言えば、

手の関節が動かなくなることで、手の筋肉の「腱」に負担がかかり炎症が起こるから

です。

ですから、手の関節が動くようになれば、「腱」への負担が減り、炎症が治まり、腱鞘炎が治っていきます。

病院で腱鞘炎に対して、有効な治療が行えないのは、関節を動くようにする手立てが西洋医学にはないからです。

しかし、整体では、関節を動くようにすることが出来ます。

ですから、手の負担を減らし、手の使い方を見直していただけるのでしたら、十分に整体で、腱鞘炎が治る可能性があります。

重症の腱鞘炎に関しましては、整体ではなく、病院での治療が必要

腱鞘炎に関しましては、あまりに重症の場合には、整体での治療ではなく、病院での治療が必要になります。

病院での治療は、手術が必要であるような重症な状態には有効です。

ですので、状態によって病院に行くのが良いのか、整体に行くのが良いのかを選択しましょう。

[いまい整体院のご案内]

img_006

営業日:月曜日~土曜日(日曜休み) ※祝日も営業しています。

営業時間:10:00~21:00(最終受付20:00)

整体料金:5000円(初回6000円)

電話番号:080-4947-3843

住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野3-17-2 GRASS SQUARE六番館307

アクセス

JR外房線鎌取駅から徒歩2分・イオン鎌取店前

map_large

 詳しいアクセスはコチラから⇒アクセス

地図

ご予約&お問い合わせ

ご予約&お問い合わせ

ブログの著者紹介

img_132

いまい整体院 院長

はじめまして、千葉市いまい整体院院長の今井 優です。

私は、高校生の頃からはじまった原因不明の体調不良に十数年間悩まされました。

そして、病院で異常が見つからなかったために、様々な健康法を試したり、整体法や矯正法を学ぶことで、自分の体調不良を克服しました。

その過程で、人間の健康を作っているのは「姿勢・心・食」の3つの要素にあると確信しました。

千葉市で開業しています「いまい整体院」は、私の得た知識や技術を、私と同じような心身の不調に悩まされている方の為に役立てたいという思いから、はじめました。

いつまでも治らない慢性症状や、病院では原因がよくわからない体調不良にお困りの方は、いまい整体院にご相談ください。

ブログトップページに戻る

⇒「ブログトップページ

「院長の体調不良~回復の経緯」はこちらをご覧下さい。

⇒「院長のプロフィール

「いまい整体院のホームページ」はこちらから

2main

⇒「千葉市いまい整体院HP