千葉市おゆみ野のいまい整体院では、どこに行っても良くなれずにお困りの方のお力になりたいと考えています。手足の関節まで細かく丁寧に矯正しますので、肩こり腰痛だけでなく、腱鞘炎や足裏の痛みなどの症状にも対応できます。

「腰部脊柱管狭窄症」について

  • HOME »
  • 「腰部脊柱管狭窄症」について

「腰部脊柱管狭窄症」とは

「脊柱管」というのは、脊髄の通り道です。

「脊柱」というのは背骨が積み重なってできた柱です。

その中に「脊髄」が通っています。

s-spine_vector_image_6119

脊柱

「腰部脊柱管狭窄症」というのは、その「脊柱管」が狭くなり、脊髄が圧迫されてしまう病気のことです。

「腰部脊柱管狭窄症」の原因

「腰部脊柱管狭窄症」は「脊柱管」が狭くなることが原因になります。

では、なぜ「脊柱管」が狭くなるのかというと、「脊柱管」を形作っている「骨」「椎間板」「靭帯」が変形・変性してしまうからです。

変形・変性の原因は加齢負担がかかりすぎることによります。

「脊髄」は神経の束で、脳の延長です。

運動神経・感覚神経・自律神経などです。

これが圧迫を受けてしまうために様々な症状が起こります。

「腰部脊柱管狭窄症」の症状

「腰部脊柱管狭窄症」の症状には様々なものがあります。

1.腰痛

「腰部脊柱管狭窄症」によって、腰痛が起こると考えられています。

しかし、実際には「腰部脊柱管狭窄症」が原因で腰痛になることはほとんどないと考えられます。

なぜなら、「腰部脊柱管狭窄症」と診断されていても、腰痛がない・腰痛がなくなる方がたくさんいらっしゃるからです。

「腰部脊柱管狭窄症」自体は手術によってしか治すことが出来ません。

ですので、腰痛が本当に「腰部脊柱管狭窄症」によってしか治らないのであれば、手術以外のことで、腰痛がなくなることはないはずです。

しかし、実際には腰痛はなくなります。

2.臀部・下肢の痛み・しびれ

「腰部脊柱管狭窄症」によって、脊髄・神経が圧迫されると臀部・下肢に痛み・しびれがおきます。

これは下記します「間欠性跛行」との関係が深いです。

3.間欠性跛行

間欠性跛行というのは、歩行の異常です。

どんな歩行の異常かというと、

歩いていると段々下肢にしびれ・痛みが起こってきて、最後には歩けなくなってしまう。しかし、前かがみで休んでいると回復し、再び歩けるようになる

という歩行異常です。

なぜ、歩いていると症状が出てきてしまうのかというと、「腰部脊柱管狭窄症」の人が立って歩くと、脊髄・神経を圧迫しやすいからです。

立って、歩くという姿勢が、脊髄・神経を圧迫します。

ですから、前かがみになると脊髄・神経の圧迫がとれて再び歩けるようになります。

4.陰部・肛門周囲の違和感・排便排尿障害

「腰部脊柱管狭窄症」によって圧迫される脊髄・神経の中に「馬尾神経」という神経があります。

この「馬尾神経」が障害されると陰部・肛門周囲の違和感や排尿排便障害が起こります。

これを「馬尾症候群」と言います。

この症状が出ている時には、すぐに病院に行く必要があります。

千葉市いまい整体院における「腰部脊柱管狭窄症」に対する考え方

千葉市いまい整体院にも「腰部脊柱管狭窄症」と病院で診断された方がご来院されます。

「腰部脊柱管狭窄症」と診断された方の場合大切なのは

①間欠性跛行があるかないか

②馬尾症候群の症状は出ているかいないか

です。

まず、②の「馬尾症候群」の症状があれば、整体院ではなく病院での治療が必要になります。

次に①の「間欠性跛行」がある場合には、その重症度に応じます。

「間欠性跛行」があっても軽度であれば、整体での改善が望めます。

重症であると考えられる場合は、病院での治療が最優先です。

「間欠性跛行」「馬尾症候群」ではない場合は、整体での施術による改善が十分に可能です。

これは整体施術によって「腰部脊柱管狭窄症」自体が治せるということではなく、腰痛や臀部・下肢の痛みしびれと「腰部脊柱管狭窄症」との因果関係がない場合です。

どういうことかというと、確かに診断上「腰部脊柱管狭窄症」がみられても、本当にその「腰部脊柱管狭窄症」が症状の原因になっているのかは、実際に手術を行って、「腰部脊柱管狭窄症」を治した上で、症状がなくなるのかを確かめることでしか、ハッキリとさせられません。

画像上「腰部脊柱管狭窄症」がみられても、それは単に画像上「腰部脊柱管狭窄症」があるということを示すだけで、それが症状と関係しているということは示していません。

千葉市いまい整体院では「馬尾症候群」が見られず、「間欠性跛行」がない、もしくは軽度である場合であれば、「腰部脊柱管狭窄症」と診断されていても、症状の改善は十分に可能であると考えています。

まとめ

「腰部脊柱管狭窄症」は、背骨・靭帯・椎間板の変形・変性によって脊髄・神経が圧迫されることで起こる病気です。

特徴的な症状には「間欠性跛行」「馬尾症候群」があります。

整体での改善が見込めるのは「馬尾症候群」がない場合、「間欠性跛行」がない・あっても軽度の場合です。

鎌取駅から徒歩2分。蘇我・誉田・土気・大網からアクセスも便利 TEL 080-4947-3843 営業:月~土曜日(日曜休み)10:00~21:00

いまい整体院 院長 

HP・ブログの著者紹介

はじめまして、「優しい力の関節矯正」いまい整体院(おゆみ野鎌取)院長の今井 優です。
関節の痛みにお悩みの方は、是非一度、いまい整体院にご相談ください。

⇒院長のプロフィール

Twitter つぶやいてます。

いまい整体院HPはこちら

千葉市緑区おゆみ野・鎌取のいまい整体院

千葉市緑区おゆみ野(鎌取駅から徒歩2分)いまい整体院。
「優しい力の関節矯正」で関節の痛みを解決します。

⇒千葉市いまい整体院(おゆみ野鎌取)HP

ブログ 健康情報満載です。

ブログ

いまい整体院のブログでは、健康・猫背・姿勢・肩こりなどの症状・メンタルヘルスなど、幅広く健康情報をお伝えしています。

⇒いまい整体院ブログ

「腰痛」のブログ記事

外房線沿線の方へ

いまい整体院は、外房線鎌取駅から徒歩2分の場所にあります。蘇我駅誉田駅土気駅大網駅からのアクセスも大変便利になっていますので、是非一度ご来院ください。

 

PAGETOP