巻き肩

「優しい力の関節矯正」いまい整体院の今井です。

肩こりの原因は巻き肩

スマホが原因で巻き肩になる

巻き肩だと、姿勢が悪くみえる

など、最近「巻き肩」という言葉をよく聞くようになりました。

巻き肩=巻いている肩なのですが、イマイチどこがどういう状態なのかがわかりません。

この記事では、「巻き肩」についてご説明させていただきます。

巻き肩ってどんな肩?

巻き肩というのは

肩の位置が前にズレてしまった姿勢

のことです。

肩は通常、体の真ん中の位置にあるのですが、それが前にずれた状態の姿勢になってしまっているのを、巻き肩と呼びます。

正しい肩

正しい肩の位置

巻き肩

巻き肩

肩の位置が正しいと、肩の筋肉は引っ張られたりせず、肩こりにはなりません。

ですが、巻き肩になると、肩の位置がズレるので、ずれた分だけ、肩の筋肉が引っ張られます。

ですので、巻き肩は肩こりの原因になります。

そして、猫背にもなります。

巻き肩の原因は?

では、なぜ巻き肩になってしまうのでしょうか?

実は、巻き肩は、肩の位置だけがずれているのではありません。

肩というのは、上半身に乗っかています。

ということは、肩が前にズレているのですから、当然上半身も前に傾きます。

上半身が前に傾くというのは、背中が丸まるということです。

背中の丸まり

巻き肩と背中のまるまり

では、上半身は何に乗っかているのかというと、骨盤です。

ということは、骨盤の位置によって、上半身が影響を受けるということです。

具体的には、背中が丸まるのは、骨盤が後ろに倒れるからです。

つまり、巻き肩は

①骨盤が後ろに倒れる

②背中が丸まる

③肩の位置が前にズレる

という3段階でなります。

骨盤の倒れ

骨盤が後ろに倒れると背中が丸まる

正しい骨盤

正しい骨盤の位置

そして、骨盤が倒れ、背中が丸まり、肩の位置が前にずれるのは、座り方に原因があります。

それは、パソコンであったり、勉強であったり、読書が原因であったりします。

巻き肩と肩こりとの関係

巻き肩は、肩こりと関係してます。

肩こりの方は、肩の位置が前にズレて、巻き肩になっています。

巻き肩になると、なぜ肩こりが起こってくるのかと言えば、肩の筋肉が引っ張られるからです。

また、肩が前にズレるにつれて、背骨や肋骨などの骨格にもズレが起こります。

この状態で姿勢が固まってしまうと、肩こりが慢性化します。

巻き肩と猫背との関係

巻き肩は、猫背のタイプの一つです。

上記しましたように、巻き肩の人は背中が丸くなっています。

逆に言えば、猫背の方は、肩が前にズレています。

巻き肩を治すには、猫背を治す必要があります。

巻き肩は、体全体の問題です。

巻き肩の解決方法

巻き肩の解決には、まず体の土台である、骨盤の状態を良くする必要があります。

そして、良い状態の骨盤の上に、今度は背骨が乗っかります。

猫背の人は、骨盤が悪い状態になっていて、背骨がしっかりと乗らない状態になっています。

ですから、背骨が丸まった状態になっています。

骨盤と背骨が良い状態になった上で、はじめて、巻き肩が解決する条件が整います。

しっかりとした骨盤に、背骨が良い状態で乗っかり、その上に肩を良い位置に乗るようにすると、巻き肩が解決します。

まとめ

巻き肩は、肩の位置が前にズレる姿勢のことです。

その原因は、悪い座り方にあります。

現代の生活では、この悪い座り方でする作業が多いです。

ですから、巻き肩になってしまう方も多いです。

巻き肩は、肩こりなどの原因にもなりますので、まずは座り方に気をつけることから始めましょう。

※座り方につきましては、こちらでご説明していますので、ご参照ください。

⇒「足膝を閉じて座ると、姿勢が良くなる

いまい整体院「巻き肩ページ」

千葉市巻き肩矯正いまい整体院

巻き肩ページ